【ダイワ LTシリーズ】18レガリスLTインプレ 低価格で最強コスパリール 釣り入門に最適

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回は2018年にダイワから発売された低価格帯リールのレガリスLTについての記事です。

私はこれまでに番手違いのレガリスLTを計3台購入してきましたが、
今回は私のメインの釣りであるシーバスに最適な『LT3000-CXH』の番手でお話させていただきます。

こちらもおすすめ

どうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回はダイワから発売されているスピニングリール【LTシリーズ】の紹介記事です。今回紹介するリールはLTシリーズの中でも、・いわゆるエントリーモデルと呼ばれ[…]

そもそも【LTシリーズ】とは

2018年にダイワリールの新コンセプトとして打ち出されたのが「LT(LIGHT&TOUGH)」です。

2018年以降、様々なLTシリーズのリールが発売されています。

LT(LIGHT&TOUGH)

LIGHT・・・徹底した軽量化
TOUGH・・・ボディ・内部のギアなどの剛性さ

軽量かつ剛性(タフさ)のあるリールというコンセプトで、
それまでのダイワのリールから、デザインも含めて一新した新基準となるリールです。(個人的にこのLTシリーズのスタイリッシュなデザインが大好きです。)

レガリスLTのスペック・基本情報

LT3000-CXHの場合

私が所持しているレガリスLT3000-CXHのスペックはこんな感じです。

発売時期:2018年秋頃
実売価格:7000~8000円(番手により価格差あり)
巻取り長さ:(cm/ハンドル1回転)93㎝
重さ:220g
ギア比:6:2
ボディー素材:DS5
ローター素材:DS4
ドラグシステム:ATD(オートマチックドラグシステム)
最大ドラグ力:10kg
PE(号ーm):1-200/1.2-190/1.5-170
ベアリング(ボール/ローラー):5/1
ハンドル:供回り式
マグシールド:非搭載

レガリスLTが優秀な理由

軽さ

3000番台のレガリスLTで220gという軽さです。

ちなみに今年2020年に発売予定の新たなLTシリーズとしてレブロスが発売されます。
20レブロスLTもレガリスと同じくらいの価格帯と予想されますが、
既に公式HPでスペックが発表されています。

そこを見てみると、どの番手もレガリスLTよりも10gほど重いようで、
最新機種にも引けを取らない軽さです。(20レブロスは LT3000-CXHはないようです。)

参考までに LT3000D-C の場合

20レブロスLT・・・230g

18レガリスLT・・・220g

巻き心地・滑らかさ

この巻き心地に関しては特に、人それぞれ感じ方や捉え方が違うので非常に難しい部分です。

私個人の使った感想としては、「1万円以下の価格帯でここまできたか」とかなり興奮するぐらい、この価格帯のリールに見合わないノンストレスな巻き心地でした。(もちろんハイエンドモデルなどのしっとりとした巻き心地はないです。あくまでも低価格帯リールの中でです。)

レガリスより少し値段の高いねじ込み式ハンドルの18フリームスLTと比べてみてもほとんど変わらない巻き心地の印象を受けました。(18フリームスとの違いはマグシールドの有無とハンドルの形式くらいですので・・)

また、私はミドルクラス帯(2万円台)のリール18カルディアLTを所持していますが、日によって18カルディアLT18レガリスLT を交互に使っていました。

大抵、高いリールを使った後に安いリールを使うと、巻き心地などの性能の差をまじまじと感じてしまい、安いほうのリールを使うことが億劫になってしまいます。

ただ、カルディアLTを使った後にレガリスLTを使っても、そこまで違和感や不便さは感じないくらいの巻き心地です。(もちろんカルディアのほうが明確にシルキーな巻き心地ですが)

レガリスLTの基本スペックというか平均値が従来のリールよりも底上げされているので、
ミドルクラスのリールと併用してもさほど違和感を感じないくらい高性能なリールです。

ドラグ性能(ATDと最大ドラグ力)

ATD(オートマチックドラグシステム)

レガリスLTのドラグには、ATD(オートマチックドラグシステム)が採用されています。

これまで従来のリールにはUTDという別のドラグシステムが多く採用されていました。

UTDとの大きな違いは、魚の引き(速度)に対するドラグ値の上昇幅にあります。
頻繁にドラグ調整をしなくても、常に最適なドラグ値で自動でドラグが作動してくれるイメージです。

ATDは少々ざるなドラグ調整でも魚の多様な引きに追従して対応してくれるので非常に助かります。

※UTDとATDのドラグシステムの違いについては小難しい話になるので、今後詳しい内容の記事を書きたいと思います。それまでお待ちください。

最大ドラグ力 10㎏

LTシリーズ全体で言えることですが、以前のリールよりも最大ドラグ力が大幅に上がっています。

LT3000-CXHで最大ドラグ力が10㎏です。

正直、3000番台のリールでこんなにドラグ力いる?シーバスでは必要ないだろう。と思いましたが、それだけドラグ性能が向上している証しだと思います。

基本スペックで最大ドラグ力10㎏と公表しているので、ダイワさんもかなり自信があるのだと思います。

私の場合、シーバスメインですが、今後青物系とかもやるようになれば、そのまま併用できるので汎用性は高いと思います。

値段の安さ

実売価格は7000円~8000円くらいと、現時点のLTシリーズの中では一番安いリールになります。

このくらいの値段だと釣り入門には最適ですし、既にメインのリールを持っている方はサブ機として1台持っておく価値はあります。

私もこの性能でこの安さ故に今まで、番手違いでシーバス用に2台・エサ釣り用に1台の計3台購入しています。

レガリスLT購入時の注意点

マグシールド非搭載

マグシールドとは、ダイワ独自の防水構造ですが、
レガリスLTは非搭載です。

ボディとローターの間に生じた隙間から入り込む海水や異物を、マグオイルでシャットアウトする機能です。

このマグシールドは特性上、人によっては不必要という意見もあったり、賛否が分かれる防水構造です。

私は、マグシールド搭載でも非搭載でもどちらでもいい派です。
こまめなメンテは必須ですが。

供回り式ハンドル

この価格帯の宿命といいますか、唯一残念なのがハンドルが供回り式な点です。

ハンドルには「ねじ込み式」と「供回り式」の2種類がありますが、
一般的に、供回り式のほうが構造上ハンドルのガタつきが出やすいです。

ただ昔の供回り式ハンドルのリールに比べるとリール自体が進化しているのでかなりガタつきは抑えられていています。
18フリームスLTとの差はあまり感じませんので、神経質な方以外はそこまで気にしなくてもいいです。

まとめ

今回は「【ダイワ LTシリーズ】18レガリスLT」を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

レガリスLTは基本性能の高さを備えつつ1万円を切る値段のリールですので、
釣り入門・初心者の方に非常におすすめのリールです。

また既に釣りをされている方にとっては、2台目のサブ機に・別のジャンルの釣り用に、
など幅広い用途がありますので、是非一度手に取ってみてはいかがですか。

レガリスLT1000S・・・アジ、メバル、トラウト などにおすすめ

レガリスLT2000S‐XH・・・ トラウト、アジ、メバル などにおすすめ

レガリスLT2500S‐XH・・・ エギング、バス、シーバス、テンヤ真鯛、トラウト などにおすすめ

レガリスLT3000S-C-DH・・・ エギング、シーバス、テンヤ真鯛、バス、トラウト などにおすすめ

レガリスLT3000-CXH・・・ エギング、シーバス、テンヤ真鯛、バス、トラウト などにおすすめ

レガリスLT4000D-CXH・・・ シーバス、フラットフィッシュ、大型トラウト、サーモン、ライトジギング、ライトショアジギング などにおすすめ

レガリスLT5000D-CXH・・・ライトショアジギング、ライトジギング、シーバス、フラットフィッシュ、大型トラウトなどにおすすめ

今後も様々なルアーやタックルのインプレ、釣果情報などを発信していきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。