【ダイワ LTシリーズ】18フリームスLTインプレ 1万円台前半の低価格なコスパリール

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回は2018年にダイワから発売されたねじ込み式ハンドルタイプの低価格帯リール18フリームスLTについての記事です。

私が購入した番手は「LT3000S-CXH」で主にシーバス用で使っていました。

こちらもおすすめ

どうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回はダイワから発売されているスピニングリール【LTシリーズ】の紹介記事です。今回紹介するリールはLTシリーズの中でも、・いわゆるエントリーモデルと呼ばれ[…]

LTシリーズとは

2018年にダイワリールの新コンセプトとして打ち出されたのが「LT(LIGHT&TOUGH)」です。

2018年以降、様々なLTシリーズのリールが発売されています。

LT(LIGHT&TOUGH)

LIGHT・・・徹底した軽量化
TOUGH・・・ボディ・内部のギアなどの剛性さ

軽量かつ剛性(タフさ)のあるリールというコンセプトで、
それまでのダイワのリールから、デザインも含めて一新した新基準となるリールです。

18フリームスLTのスペック・基本情報

LT3000S-CXH の場合

私が所持しているLT3000S-CXHのスペックはこんな感じです。

発売時期:2018年1月頃
実売価格:11000~14000円くらいの間(番手により価格差あり)
巻取り長さ:(cm/ハンドル1回転)93㎝
重さ:215g
ギア比:6:2
ボディー素材:DS5
ローター素材:DS4
ドラグシステム:ATD(オートマチックドラグシステム)
最大ドラグ力:10kg
PE(号ーm):0.8-200
ベアリング(ボール/ローラー):5/1
ハンドル:ねじ込み式
マグシールド:搭載

18フリームスLTが優秀な理由

軽さ

私が所持しているLT3000S-CXHの番手で215gという軽さです。
番手にもよりますが、18レガリスLTよりも概ね5gほど軽いリールです。

正直な話、5gの違いを持ってみて判別できるかといわれると私はできないです。

しかし、以前のモデルである15フリームスは大体同じ番手くらいのリールで重さが270gくらいありましたので、そこから比べると非常に軽くなっており進化していることが分かります。

このリールの軽さというのは、長時間の釣りにおいて操作性のアドバンテージになると私は思っていますので、リールを選ぶ際には参考にしている数値です。

最近は筋トレにハマって脳筋的な思考に陥っています。(リールの軽さを求めずに、自身の筋肉を向上させて操作性のアドバンテージをとっていく?)

巻き心地

この巻き心地に関しては、人それぞれ感じ方や捉え方が違うので非常に難しい部分です。

ミドルクラス(2万円台の中級機)に比べると巻きのシルキーさはあまり無いですが、使い比べてみても大きな違和感を感じることのない巻き感です。

特に軽量ルアーを使用した際の巻き心地は、かなり軽い巻き感でスムーズにハンドルが回ります。

鉄板バイブなどの重量系ルアーのときに、多少の巻きムラというか微かな違いが感じられるくらいです。
それが物凄くストレスになるというレベルではないですが。

前回紹介した18レガリスLTが高水準すぎるため、比較が非常に難しいのが本音です。

ドラグ性能の向上

ATD(オートマチックドラグシステム)

前回の18レガリスLTの記事でも紹介しましたが、ATD(オートマチックドラグシステム)が採用されています。

これまで従来のリールにはUTDという別のドラグシステムが多く採用されていました。

UTDとの大きな違いは、魚の引き(速度)に対するドラグ値の上昇幅にあります。
頻繁にドラグ調整をしなくても、常に最適なドラグ値で自動でドラグが作動してくれるイメージです。

ATDは少々ざるなドラグ調整でも魚の多様な引きに追従して対応してくれるので非常に助かります。

※UTDとATDのドラグシステムの違いについては小難しい話になるので、今後詳しい内容の記事を書きたいと思います。それまでお待ちください。

最大ドラグ力が10㎏

これも前回紹介したレガリス同様で、LTシリーズ全体で最大ドラグ力が大幅に上がっています。

LT3000S-CXHの番手で最大ドラグ力が10㎏になります。

ATDドラグシステムに変更になったので最大ドラグ力が向上しているものと考えらます。

マグシールド搭載

マグシールドとは

ダイワ独自の防水構造です 。

ボディとローターの間に生じた隙間から入り込む海水や異物を、マグオイルでシャットアウトする機能です。

通常は長く使っていたりこまめなメンテナンスを怠っていると、このボディとローターの隙間から異物が入ってきて巻きのゴリシャリ感などが発生します。

それを防ぐための機能ですので、マグシールド搭載リールは長く使えば使う程その恩恵を受けることができます。

ねじ込み式ハンドル

スピニングリールのハンドルには大きく分けて、供回り式とねじ込み式の2種類に分かれています。

今回紹介している18フリームスLTはねじ込み式です。

以前紹介している18レガリスLTは、供回り式です。

ねじ込み式は直接ハンドルをボディにねじ込みで装着するため、巻き時のガタつきがほぼ0に等しいです。

一方、供回り式は構造上、巻き時のガタつきが出やすいものになっています。(それでもレガリスLTはガタつきがかなり抑えられている部類です)

低価格帯のリールのほとんどが供回り式ハンドルが多い中、18フリームスはねじ込み式を採用しています。

この低価格帯のリールでねじ込み式という点も私が購入した理由の大きな一つであります。

18フリームスLT18レガリスLTの違い(実際に使い比べてみての違い)

1年間、シーバスで両者を使い比べましたが、実用的な差はほとんど感じられませんでした。

ボディとローターの素材も同じものですし、ベアリングの個数も同じです。

本当に細かい部分でねじ込み式と供回り式の差をたまに感じることがありましたが、それが不快でストレスかというとそうでもありませんでした。

両者ともに、この価格帯としても高水準でレベルの高いリールです。

ドラグ性能についても、両者ともに同じシステムですので、魚をかけたときのドラグの効きも変わりはないです。

フリームスとレガリスどちらを購入するか迷っている方へ

どちらを買うか迷っている方は、実用的は差はほとんどないため、自分の好きな色や値段、リールへのこだわりの部分で好みなほうを選んで良いと思います。

値段が安いほうが良い・・・・18レガリスLT

マグシールドは搭載しておいてほしい・・・18フリームスLT

ねじ込み式ハンドルがいい・・・・18フリームスLT

一応前回紹介したレガリスLTとミドルクラスリールのカルディアLTの記事を載せておきます。

合わせて読みたい

はじめにどうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回は2018年にダイワから発売された低価格帯リールのレガリスLTについての記事です。私はこれまでに番手違いのレガリスLTを計3台購入し[…]

合わせて読みたい

はじめにどうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。最近はフィッシングショーでの新製品発表がされて釣り界が賑わっていますね。私もダイワの新しいリール「20レブロスLT」と「20ルビアスLT」を密か[…]

まとめ

今回は「【ダイワ LTシリーズ】18フリームスLT」を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

18フリームスLTはねじ込み式ハンドルのリールながら、1万円台前半と非常に安くてコスパの高いリールです。

18レガリスLT同様に初心者や入門用に最適な1台です。

また既に釣りをされている方にとっては、2台目のサブ機に・別のジャンルの釣り用に、
など幅広い用途がありますので、是非一度手に取ってみてはいかがですか。

今後も様々なルアーやタックルのインプレ、釣果情報などを発信していきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

シーバスにおすすめな3000番・4000番台のフリームスはこちら↓