【ダイワ LTシリーズ】18カルディアLTインプレ   中級機入門におすすめ ミドルクラスリール

18カルディアLT シーバス用

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

最近はフィッシングショーでの新製品発表がされて釣り界が賑わっていますね。

私もダイワの新しいリール「20レブロスLT」と「20ルビアスLT」を密かに狙っております。

さて、今回は2018年にダイワから発売された2万円台のミドルクラスリール(中級機)18カルディアLTについての記事になります。

なお、今回は別のミドルクラスリール(中級機)との比較ではなく、以前紹介しているレガリスLTやフリームスLTなどのエントリーモデル(入門機)と比べてのレビューになります。

私が購入した番手は「LT3000-CXH」で主にシーバス用で使っています。

以前紹介しているレガリスLTとフリームスLTのレビューについては下記の記事になります。

関連記事

はじめにどうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回は2018年にダイワから発売されたねじ込み式ハンドルタイプの低価格帯リール18フリームスLTについての記事です。私が購入した番手は「[…]

関連記事

はじめにどうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回は2018年にダイワから発売された低価格帯リールのレガリスLTについての記事です。私はこれまでに番手違いのレガリスLTを計3台購入し[…]

また、低価格帯のLTリールをまとめた記事はこちらになります。

関連記事

どうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回はダイワから発売されているスピニングリール【LTシリーズ】の紹介記事です。今回紹介するリールはLTシリーズの中でも、・いわゆるエントリーモデルと呼ばれ[…]

LTシリーズとは

2018年にダイワリールの新コンセプトとして打ち出されたのが「LT(LIGHT&TOUGH)」です。

2018年以降、様々なLTシリーズのリールが発売されています。

LT(LIGHT&TOUGH)

LIGHT・・・徹底した軽量化
TOUGH・・・ボディ・内部のギアなどの剛性さ

軽量かつ剛性(タフさ)のあるリールというコンセプトで、
それまでのダイワのリールから、デザインも含めて一新した新基準となるリールです。

18カルディアLTのスペック・基本情報

私が所持しているLT3000-CXHのスペックはこんな感じです。

発売時期:2018年1月頃
実売価格:18000円~23000円くらいの間(番手・店により価格差あり)
巻取り長さ:(cm/ハンドル1回転)93㎝
重さ:195g
ギア比:6:2
ボディー素材:ザイオン
ローター素材:DS5
ドラグシステム:ATD(オートマチックドラグシステム)
最大ドラグ力:10kg
PE(号ーm):1-200
ベアリング(ボール/ローラー):6/1
ハンドル:ねじ込み式
マグシールド:搭載

18カルディアLTが優秀な理由

ボディ素材がザイオン・ローター素材がDS5

18カルディアLTはボディ素材がザイオンローター素材がDS5と入門機リールよりもグレードの高い素材を使っています。

ボディ素材とローター素材のグレードについて

一般的に素材は、DS4→DS5→ザイオンの順にグレードが上がっていきます。

DS4・・・グラスファイバーを配合した特殊プラスチック樹脂。この中で一番安価。

DS5・・・カーボンを配合した特殊プラスチック。DS4よりも耐腐食性、軽さは上。ザイオンには強度の面では及ばない。

ザイオン・・・カーボンを配合した特殊プラスチック。カーボンの繊維の含有量が極めて多いため、耐腐食性・強度・軽さなどを高レベルで保っている素材

他にも上位機種になると、アルミニウムやマグネシウムなどの素材が使われますが今回は省略します。

レガリスLT・フリームスLTの素材との比較

レガリスLT・フリームスLTの素材

ボディ素材・・・DS5
ローター素材・・DS4

カルディアLTの素材

ボディ素材・・・ザイオン
ローター素材・・DS5

ボディ・素材ともにワンランク上の素材が使われていることが分かります。

素材のグレードが上がると何が変わるか

素材のグレードが上がると、剛性や重量、巻き心地やドラグ性能にまで影響を与えます。

低ランクの素材ですと、どうしても使っていくとボディに歪みが発生する可能性があり、その歪みが例え何ミリ単位の歪みでも巻きに影響を与える可能性があります。

いわゆるリールのシャリ感やゴリ感です。

私が所持しているレガリスLTとフリームスLTは今のところ大きなゴリ感やシャリ感は無いですが、微かにシャリシャリ感を感じるときがあります。かなりハードに使っているので仕方の無いこととある程度覚悟していますが、やはり素材の影響からくるものは実感できます。

一方18カルディアLTについては、購入してから半年ほど経ちましたが、ゴリ感シャリ感ともに一切ない状態で、新品同様の巻き心地を維持しています。

むしろこまめにオイルとグリスを交換して馴染んでいるので、 新品時のときよりも 回転性能は良い状態を保っています。

軽さ

私が所持している LT3000-CXH の番手で、なんと195gという軽さです。

3000番台のリールでいうと、以前紹介した18フリームスLTで約215g、18レガリスLTで約220gあります。

そもそも220gのレガリスですら、初めて持った時にその軽さにびっくりしたのですが、18カルディアLTはそれよりも25gほど軽くなっており、更に軽さを実感できます。

リールの重量というのは長時間の釣りにおいて確実に疲労などに影響してくるので、この軽さは本当に有難いです。

巻き心地

この巻き心地に関しては、人それぞれ感じ方や捉え方が違うので、あくまで私の主観でお話させていただきます。

18レガリスLTと18フリームスLTに比べて、正直突出した巻き心地というか「こんなにも巻き心地が違うんだ!」というような大きな違いはありませんでした。。

これは、レガリスやフリームスが低価格帯ながら非常に高水準なリールとして完成されているためです。

決してカルディアLTの性能が悪いというわけではないです・・

一昔前の低価格帯のリールとかであればその違いははっきり分かると思います。

ただし、もう少し掘り下げた観点から比べてみると違いが見えてきます。

レガリスやフリームスはどちらかというとスムーズはスムーズですけど、乾いた感じの巻き感です。シルキーさと、ヌメヌメっとして巻き感はないです。

一方の18カルディアLTは、ヌメヌメとした・しっとりとした巻き感で上品な巻き心地に感じます。

この表現でいいのか分かりませんが、ヌルっとした非常にシルキー?な巻き心地となっており、

特に重いルアーや抵抗の強いルアー(鉄板バイブなど)を使ったときでも、このヌメヌメ感が発揮されており、巻き重り感も感じにくいです。

ドラグ性能

フリームス・レガリスと同じATD(オートマチックドラグシステム)

18カルディアLTにもATD(オートマチックドラグシステム)が採用されています。

これまで従来のリールにはUTDという別のドラグシステムが多く採用されていました。

UTDとの大きな違いは、魚の引き(速度)に対するドラグ値の上昇幅にあります。
頻繁にドラグ調整をしなくても、常に最適なドラグ値で自動でドラグが作動してくれるイメージです。

ATDは少々ざるなドラグ調整でも魚の多様な引きに追従して対応してくれるので非常に助かります。

同じATDでも違いがある

18レガリスLTと18フリームスLTと同じATDドラグシステムで、ドラグの構造も同じですが、

実際に魚を釣り分けてみると、カルディアLTのほうがドラグの効きが僅かに良いように感じます。

ドラグの出方がより滑らかというか、よりスムーズにドラグが出ていきます。

これはボディとローターの素材が、フリームス・レガリスと違いグレードが上のものが使用されているので僅かながらドラグ性能の差が生まれていると思います。

マグシールド搭載

マグシールドとは

ダイワ独自の防水構造です 。

ボディとローターの間に生じた隙間から入り込む海水や異物を、マグオイルでシャットアウトする機能です。

通常は長く使っていたりこまめなメンテナンスを怠っていると、このボディとローターの隙間から異物が入ってきて巻きのゴリシャリ感などが発生します。

それを防ぐための機能ですので、マグシールド搭載リールは長く使えば使う程その恩恵を受けることができます。

ねじ込み式ハンドル

この価格帯のリールであれば、ねじ込み式ハンドルなのは当たり前ですが、一応説明しておきます。

ハンドルの種類

スピニングリールのハンドルには大きく分けて、供回り式とねじ込み式の2種類に分かれています。

ねじ込み式は直接ハンドルをボディにねじ込みで装着するため、巻き時のガタつきがほぼ0に等しく、ねじ込み式のほうが優れているとされています。

一方、供回り式は構造上、巻き時のガタつきが出やすいものになっています。

低価格帯のリールのほとんどが供回り式ハンドルとなっており(もちろんフリームスのような例外あり)、ミドルクラスリール(中級機クラス)では、ほとんどがねじ込み式を採用しています。

こういう人に18カルディアLTをおすすめ

既にエントリークラス(1万円前後)のリールを使っており、少し上のリールにステップアップしてみたい方

まだリールは持っていないけど、それなりの値段で安心感・高級感のあるリールで釣りを始めたい方

本格的に他ジャンルの釣りを始めようと思っている方

まとめ

今回は「【ダイワ LTシリーズ】18カルディアLT」を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

18カルディアLTはミドルクラスリール(中級機)の中でも非常に完成度の高いリールです。

18レガリスLTや18フリームスLTなどの入門機からのステップアップに是非おすすめしたいリールです。

また別のジャンルの釣り用に、一台しっかりとした作りのリールが欲しい方にも最適なリールですので、是非一度手に取ってみてはいかがですか。

今後も様々なルアーやタックルのインプレ、釣果情報などを発信していきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

シーバスにおすすめの3000番・4000番台