【シーバスルアーインプレ】X-80Jr. BEAT SW(メガバス) 初心者におすすめ・小規模エリアにおすすめ

引用元: https://www.megabass.co.jp/site/products/x-80jr_beat_sw/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバスルアーの「X-80Jr. BEAT SW」についてのインプレ記事です。

シーバスを始めたころに主に漁港周りでかなりの頻度で使っていました。

最近は色々なルアーを試すことが多く出番は減っていますが、今でも要所要所で助けてくれるルアーです。

X-80Jr. BEAT SWのスペック

全長:65㎜
重量:6g
深度:1~1.5m程度
タイプ:シンキングミノー

ルアーの特徴

X-80 BEAT SWのダウンサイジングモデルデイゲーム特化型

そもそもX-80シリーズには用途ごとに様々な種類が発売されています。

元祖の「X-80SW」、ダウンサイズの「X-80Jr SW」シャロー特化型の「X-80SW shallow」、デイゲーム特化型の「X-80 BEAT SW 」などなどたくさんあります。

その中で、今回紹介している「X-80Jr. BEAT SW」はデイゲームに特化した「X-80 BEAT SW」のダウンサイジングモデルになります。

アクション(動き)

シーバス定番ミノーの「ハチマル」ことX-80と遜色のないアクションをします。ただ巻きでもキビキビとした動きをし、止めたときのフォールも絶妙で、フォールスピードもやや遅めで個人的には好きなタイプです。

また、このルアーの特徴である、超高速早巻きでも動きが破綻することなく安定した泳ぎをします。

これが通常のX-80とBEATの違いです。

飛距離

全長65㎜、6gのルアーにしては飛距離は出ます。

目測で大体MAX30mくらいは飛びますし、飛行姿勢も割と安定しているので、狙ったところに投げやすいです。

適した場所

小粒なルアーということで、大規模な場所ではあまり適さないルアーです。

活躍するのは小規模なエリアです。

前回「ビーフリーズ ラッキークラフトのインプレ」で紹介したような場所が適しています。

小規模な漁港や河川での使用をおすすめします。

特に漁港であれば船の周りや岸際、河川であれば小さな流入水路や橋脚の明暗、岸際など、変化がある場所にルアーを通すことを意識してみてください。

適した時期

春先のベイトが小さい時期(3月~5月)と、シーズン最盛期の秋の時期(10月~11月頃)がよく釣れます。

特にナイトゲームで雨が降ったタイミングでは、無類の強さを発揮します。

あとは、1月2月の厳寒期や6月7月の夏にも釣ったことはありますので、オールシーズンでタックルボックスに1つ入れておくと良いルアーです。

使い方

ナイトゲーム(夜)

デイゲームの超高速早巻き対応のルアーなのですが、私は断然ナイトゲームでの使用が多く釣果も良いです。

大体通常サイズのハチマル(X-80)を投げて反応が無いときや、ベイトが小さなと確認できたときに使います。

一般的はシンキングミノーと同じように、ゆっくり目の巻きスピードが基本になります。これで食わなければストップ&ゴーとトゥイッチで変化をつけます。

私の場合は、特に釣果が多かったのは断トツでストップ&ゴーでした。

デイゲーム(昼)

デイゲームでは実際に使ったことは数回しかないので、あまり多くは語れないです。

私が釣れたシチュエーションは漁港の船周りのエリアで超ハイピッチでジャーキングしていたときに下からドンときました。

多分デイゲームでも使い続ければ色々と分かってくることがあると思いますので、今年は積極的に使ってみようと思います。

まとめ

今回は「【シーバスルアーインプレ】X-80Jr. BEAT SW(メガバス)」を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

X-80Jr. BEAT SW はデイゲームに特化した超高速早巻き対応のルアーですが、意外と夜のシーバスゲームでも実績があり重宝します。

特に雨が重なったタイミングでのナイトゲームでは、このルアーだけボコボコと釣れることが多々ありましたので、是非皆さんもタックルボックスに1つ入れてみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。