【シーバスルアーインプレ】IP13(コアマン) 初心者におすすめ

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバスルアーの「IP13(コアマン)」についてのインプレ記事です。

鉄板バイブの中で定番中の定番のルアーになり、デイゲーム特化のルアーになります。

私自身初めて鉄板バイブで釣ったシーバスもこのIP13です。

既に以前の記事の「 2019年博多湾シーバス デイゲームで活躍したルアーたちBEST3 」で軽く紹介しましたが、今回は詳細なインプレとなります。

IP13のスペック

全長:60㎜
重量:13g
タイプ: メタルバイブ(鉄板バイブ)

IP13の特徴

ルアーの動き出しのスピードが遅め

やや早めの巻きスピードからルアーが動き出します。スローに巻いてもアクションはあまりしません。

この巻きスピードによるアクション設定が初心者には有難いです。

鉄板バイブでまだ釣ったことが無い段階のときは、どのスピードで巻いていけばよいのか分からなくなりがちです。

実際に私もそうでしたが、IP13はある程度しっかり早巻きしないとルアーがアクションしませんので、自然と早巻きで釣りをするようになります。

これにより、「スローな巻きスピード」という選択肢が自然と無くなるので、鉄板バイブで有効な早巻きによりアジャストさせてくれます。

スピードについて疑心暗鬼しなくてよくなりますので、初心者の方にとって易しい鉄板バイブです。

巻き抵抗が軽い

他の鉄板バイブに比べて、巻き抵抗が非常に軽いです。

早巻き、超高速早巻きでも巻き抵抗が軽く、一日中投げても投げ疲れないルアーです。

投げ疲れないというのは結構大事で、デイゲームの鉄板バイブを投げるシチュエーションは割と、オープンなエリアや、遠くの河川の流心狙いで、遠投をしてこちらからシーバスを積極的に探していく要素が比較的強いです。

そうなると数投で勝負がつくことはあまりなく、延々と投げ続けてシーバスを探していくことが多いですので、なるべく巻き抵抗の少ないルアーを選び、肉体的・精神的な疲労を軽減することが大事です。

アクション(動き)

巻き抵抗が軽いため、あまりブリブリとアクションしないのかな?と思っていましたが、しっかりとブリブリアクションします。

超早巻きしている途中に一瞬巻きスピードを落としたり変化を与えると、スッとルアーが抜けるため、食わせの間を自動で出してくれます。

飛距離

一般的なシーバス用の鉄板バイブは20gを超えるものなどが多く飛距離もかなり出ます。

IP13はそういった重量級の鉄板バイブに及びませんが、大体60m~70mくらい飛んでいきます。

適した場所

※あくまでも私が釣ったことがあるエリアから選んでいます。

ブレイク部分が近いサーフ

遠浅ですと、ブレイク部分にそもそもルアーが届かないので、魚が居るところにルアーを通せないです。

飛距離が出るルアーであればIP26などの選択肢が出てくるため、ブレイク部分が近いどん深なサーフのほうがこのルアーの特性を発揮できます。

小規模・中規模な河川

こちらも、大規模な河川だと飛距離の面や水深で他のルアーの選択肢が出てきますので、小規模中規模の河川がおすすめです。

なおかつ、川の流心がIP13の飛距離の射程圏内(岸から60m~70m程度)ですと、しっかり魚が居付いている場所にルアーを通すことができ、釣れる確率が上がります。

適した時期

大体私が釣れたことのある時期は、6月~10月ごろです。

特に6月と7月が最も反応がよかったです。

使い方

ナイトゲーム(夜)

ナイトゲームではあまり使う機会がなく、まだ釣ったことはありませんので、今回は省略させていただきます。

今後釣れましたら、即時更新致します・・・

デイゲーム(昼)

河川であれば基本的には、流心目がけて大遠投→ボトム(底)までルアーを落とす→早巻きです。

反応がなければ、早巻きのスピードを変えるのと、少しずつレンジを上げていきながら、全層を万遍なく通していきます。

それと並行して、ストップ&ゴーとリフト&フォールも試したりします。

同じ場所で上記を全て試したら、少しずつ場所を移動していき広範囲をサーチしていきます。

まとめ

今回は「【シーバスルアーインプレ】IP13(コアマン)」を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

IP13は小型の鉄板バイブで、巻き抵抗が軽く、投げて巻くだけ釣れる非常に実績があるルアーですので、シーバス初心者の方におすすめのルアーです。

1日中投げても巻き疲れがしにくいルアーですので、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

coreman(コアマン)の最新記事8件