爆釣バイブレーションジグヘッド【シーバスルアーデータ】VJシリーズ(コアマン)のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビュー、使える場所など

引用元: https://www.coreman.jp/product/vj22/
引用元: https://www.coreman.jp/product/vj22/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の爆釣バイブレーションジグヘッド【シーバスルアーデータ】VJシリーズ(コアマン)についての記事です。

VJシリーズは、バイブレーションジグヘッドというニュージャンルのルアーとして発売以来、デイナイト問わず凄まじい釣果が上がっている非常に実績の高いルアーです。

私の近所の釣り具屋でも、すぐに売り切れてしまいがちで人気のカラーのVJは在庫切れ、なんてことがしばしばあります。

今回はそんなVJについて、ラインナップやスペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

COREMAN(コアマン)とは

泉 裕文氏が代表を務めるシーバス専門のルアーメーカーです。

設立から長い年月が経っているという訳ではないですが、独自の方向性のルアー展開でたくさんのファンの支持を得ているメーカーです。

「デイゲームはコアマンだ。」というキャッチフレーズの通り、デイゲームに特化したルアーが数多く発売されています。

VJバイブレーションジグヘッドのラインナップ

VJバイブレーションジグヘッドは、現在「VJ16」「VJ22」「VJ28」の3種類のラインナップで発売されています。

1パックに、専用のジグヘッドが1つと専用のワーム(アルカリシャッド)が2つ入っています。

VJ16

全長:90㎜
重さ:16g
価格:¥1400(税抜)

VJ22

全長:110㎜
重さ:22g
価格:¥1500(税抜)

VJ28

全長:113㎜
重さ:28g
価格:¥1500(税抜)

VJの特徴

ジグヘッドワームとバイブレーションの融合アクション(動き)

VJは、専用のジグヘッドとワームのアルカリシャッドを組み合わせることで一つのルアーとして完成します。

単体での実績の高く優秀なワームであるアルカリシャッドに、専用のジグヘッドに装着することで、ボディ全体が絶妙な揺れを発生させます。

この専用ジグヘッドにより、ワームが更に細かく振動することで、今までにないルアーとしての動きを再現しています。

通常のジグヘッド+アルカリシャッドを通しても食わないのに、VJを通したらシーバスが食ってきたという場面も結構あります。

ジグヘッドタイプなのに飛距離が出る

一般的なジグヘッドよりも、重いサイズのラインナップ (16g、22g、28g) になっているので、かなり飛距離が出ます。

一般的なジグヘッドで届かないエリアをワームでサーチできる、よりボトムに近い部分を安定して引いてこれるメリットがあります。

ワンタッチで装着可能

VJの専用ジグヘッドは、棒にワームを刺すだけのワンタッチで装着が可能になっています。

一般的なジグヘッドだと、慣れていない場合刺すときにずれてしまい、スイム姿勢が崩れやすくなりがちです。

結果うまく泳がすにシーバスのバイトが減るということも起こりがちですが、VJは、棒に刺すだけで綺麗にセットできるので、スイム姿勢も安定しやすいです。

また、ワンタッチで装着できるので時間もかからず、時合を逃しにくいという利点もあります。

どんな釣り場で使う?使い方は?

VJは、デイゲーム・ナイトゲーム問わずどちらでもおすすめできます。

また、季節的な面においても、弱点は少なくオールシーズン安定して使うことができます。

河川から漁港、港湾と幅広く色々な場所で使うことができるルアーです。

あとは、攻めたいレンジによって、自分が釣りをするフィールドの水深によって、各サイズのVJを使い分けると良いと思います。

VJの各サイズの使い分け例

VJ16・・・水深1m~3m程度のシャローエリア

VJ22・・・水深3m~5m程度のエリア

VJ28・・・水深5m以上のディープエリア

あくまで一例ですので、参考程度にお考え下さい。

VJの使い方

VJは、基本的には、遠投して、ボトムまで落としてただ巻きです。

ただ巻きでしっかりと魚に訴えかけるアクションはできていますので、基本的には他にアクションを加えなくても大丈夫です。

ポイントは、ゆっくりと巻いていくことです。

これで反応が無ければスローなリフト&フォールを混ぜながら巻いていくのがおすすめです。

評判や口コミ(レビュー)など

正直、デイでこれを投げてると ほぼ確実に魚に出会えます。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2748301

連れます。VJにしか反応しない時が確実にあります。なのでルアーケースに必ず一つ入れてます。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2748301

河川にはぴったりのサイズです。メタルでも口を使わないときに飛距離が 稼げて、口を使わせるには、これが一番です。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2748301

まとめ

今回は「爆釣バイブレーションジグヘッド【シーバスルアーデータ】VJシリーズ(コアマン))」を紹介させていただきました。

VJは、バイブレーション+ジグヘッドワームという新ジャンルのルアーながら、凄まじい実績を持ったルアーで、投げてゆっくり巻くだけで釣れるルアーです。

飛距離も出て初心者にも扱いやすいルアーですので、まだ使ったことのない方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

coreman(コアマン)の最新記事8件