激戦区エリアでおすすめシャッドワーム【トラップシャッド(ピックアップ)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元:https://pickup-m.jp/lure/lure-1548671547/

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の激戦区エリアで使えるワーム「トラップシャッド(ピックアップ)」についての記事です。

トラップシャッドは小沼正弥氏が手掛けるシーバスルアーブランド「ピックアップ」から発売されているシャッドテールのワームです。

前回紹介した「スリートラップ」はピンテールのワームですが、これをそのままシャッドテールにしたイメージのワームです。

2017年発売でまだ3年程度しか経っていませんがしっかりとした釣果を残している優秀なワームです。

今回はそんなトラップシャッド(ピックアップ) について、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

スリートラップについて興味ある方はこちらからご覧ください。

関連記事

引用元: https://pickup-m.jp/lure/lure-1548670941/ どうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回はシーバス用の激戦区エリアで使えるワーム「スリートラップ(ピッ[…]

トラップシャッドのスペック

トラップシャッド

全長:3インチ
1パック:6個入り
重さ:不明
タイプ:シャッドテールワーム
レンジ:ジグヘッドの重さや巻き方による
価格: 約¥800~¥1000程度

トラップシャッドの特徴

スリートラップと似た形状とサイズ感

まずトラップシャッドの形状ですが、ほぼほぼスリートラップをシャッドにした感じの形状をしています。

サイズについても3インチとスリートラップと同じく小さめに作られています。

ボディに複数の切れ込みが入っていることと、ロールを抑えたテールアクションにより限りなく本物の小魚に近いアクションを実現しています。

これで3インチというサイズ感ですから釣れないわけがないワームということは容易に想像できます。

アクション

トラップシャッドのアクションはかなり抑え目でナチュラルなアクションです。

といってもスリートラップよりはテールとボディのロールの動きがあるのでアピール力はあります。

ミノーやバイブレーションよりはナチュラルなアクションですが、スリートラップよりはアピールが強いという立ち位置です。

極限までアピール力を抑えてナチュラルさに振ったスリートラップと、ほどよいアピール力とナチュラルさを持つトラップシャッドというのが私の認識です。

スリートラップと同じく超ソフトマテリアル素材

トラップシャッドもまた、スリートラップ同様に超ソフトな素材で作られたワームです。

柔らかすぎると身切れしやすかったりするデメリットもありますが、硬い素材のワームに比べて食いが良かったりフッキングに持ち込みやすかったりするメリットがあります。

素材の柔らかさについては、自分が何を求めるかや金銭的な部分でだいぶ変わってきますので自分の釣りのスタイルに合わせて使うのが良いかと思います。

飛距離→ワームなので割愛します

飛距離については、装着するジグヘッドの重さ次第なので今回は省略します。

ジグヘッドはどれをつける?

トラップシャッドに付けるジグヘッドについては、スリートラップと同じように専用のジグヘッドなどは出ていないので自分がいつも使っているジグヘッドで良いです。

一応推奨されているのはマドネスの「バクリーヘッド」ですが、安価の「静ヘッド」などでも全然問題ないです。

バクリーヘッド

静ヘッド

どんな釣り場で使う?使い方は?

トラップシャッドはデイゲームとナイトゲーム両方で使えます。

スリートラップとローテして使うのが一番釣果が出やすいですしワームの使い分けの勉強にもなります。

基本的にはプレッシャーが強い都市部のフィールド(河川・港湾・漁港など)で活躍します。

時期も1年通して釣れますのでオールマイティなワームです。

あとは小さいワームなので小規模になればなるほど威力を発揮します。

使い方は、ナイトゲームであればスローにただ巻きが基本になります。

レンジを変えたり巻きスピードを変えたり、ジグヘッドの重さを変えたりで変化を出しながら探っていくのと、スリートラップとローテしながら魚を探していくとより早く結果が出やすいです。

スリートラップとトラップシャッドの使い分け

スリートラップとトラップシャッドの使い分けについては下記に書いておきますので参考程度にご覧ください。

夜光虫が沸いているフィールド・・・スリートラップ

よりナチュラルに誘いたい・・・スリートラップ

ハードルアーほどではないがアピール力を強くしたい・・・トラップシャッド

サーチベイト的な使い方をしたい・・・トラップシャッド

クリアな水質・・・スリートラップ

べた凪・・・スリートラップ

濁りが強い・・トラップシャッド

強風・・・トラップシャッド

評判や口コミ(レビュー)など

この投稿をInstagramで見る

🐠fishing . . 勢いだけは負けません😤✨ ビビビときたよ😆🎣💕 . . 大物、サイズには 一切こだわりなし❣️ . . ウェルカムで迎え入れて 大きくなってまた会おうねと バイバイしたよ〜🐠🌈 . . え、結局大きいのが いいんじゃーん🤣🤣🤣笑 . . ブラックテール付きのワームで 初キャッチだったよ🥳✨ . . 🎣PickupThreeTrap 🎣トラップシャッド 🎣銀粉スナックランチ . . いつも いいね コメ フォローありがとうございます🥰 . . . . . #釣り #釣りガール #釣り女子 #🎣 #シーバス #ルアー #ルアーフィッシング #釣り好きな人と繋がりたい #キャッチアンドリリース #釣りすたぐらむ #釣りスタグラム #fishing #catchandrelease #釣りバカ #海釣り#釣果 #釣り好き #釣りジャンキー #釣り人 #ツリジョ #夜釣り #鱸 #スズキ #セイゴ #フッコ #pickup #ピックアップ #ワーム #トラップシャッド #銀粉スナックランチ

maho(@maho_f00)がシェアした投稿 –

まとめ

今回は「激戦区エリアでおすすめシャッドワーム【トラップシャッド(ピックアップ)】」を紹介させていただきました。

トラップシャッドはスリートラップ同様に釣れる要素が詰まった優秀なワームです。

シャッドタイプで有名なワームだとコアマンのアルカリシャッドがありますが、アルカリシャッドに負けないくらいの釣果をもたらしてくれます。

特に小場所では無類の強さを発揮しますので普段ワームでの釣りをしない方も、最後の坊主逃れの保険として所持してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。