鉄PANVibのサイズアップモデル【鉄PANロング(ジャクソン)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: https://jackson.jp/lure/%e9%89%84pan-long/
引用元: https://jackson.jp/lure/%e9%89%84pan-long/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバスルアー鉄PAN Vibのサイズアップモデル 「【鉄PANロング(ジャクソン)】」についての記事です。

前回紹介したジャクソンの鉄PANバイブは、安さと釣果実績が高い人気のルアーですが、鉄PANロングはその高い性能を維持しサイズアップされたモデルです。

実際に使用された方たちの評価もかなり高い傾向にある鉄PANロングですが、

今回はそんな鉄PANロングについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

Jackson(ジャクソン)とは

ジャクソンは、1980年に設立された静岡県本社のルアー用品総合メーカー の老舗です。

実は、日本で初めてシーバスロッド(ケイロン)を発売したのが、ジャクソンなのです。

現在、各メーカーが様々なシーバスロッドを開発・販売していますが、それら全ての原型になった名ロッドなのです。

ルアーで有名なのは、発売から10年以上経っても尚、第一線で活躍している「アスリート」シリーズなどがあります。

鉄PANロングのラインナップ

鉄PANロングのラインナップは全2種類

鉄PANロング 110㎜/28g

鉄PANロング 115㎜/35g

鉄PANロングの特徴

大きいシルエット

鉄PANロングは、110㎜/115㎜の2種類があり、どちらも従来の鉄板バイブよりもシルエットが大きいです。

このシルエットによりアピール力が強化され、より広範囲の魚をサーチできます。

また、このサイズのシーバス用の鉄板バイブは中々数が少ないため、ベイトが大きいときなどに他の釣り人と違ったアプローチで釣りを展開できるのが利点です。

鉄PANバイブ譲りのアクションと飛距離

アクションは、鉄PANバイブ譲りの強めの波動でブリブリと泳ぎます。

引き抵抗も強いため、しっかりとルアーのアクションを感じながら巻くことができます。

飛距離についても、安定的に遠くまで飛ばせるスペックを持っています。

重量があるため、強風の影響などを受けにくいです。

3フックでフッキング率アップ+バラシ軽減

サイズアップしたことにより、ボディに3つのフックを搭載することが可能になりました。

鉄板バイブは、他のルアーに比べてバラシ率が高いのですが、3フックシステムにすることで、よりがっちりと魚を絡めとることが可能になります。

3フックシステムを他のルアーなどで使ったことがある方は、経験があると思いますが、魚がかかって暴れると、より3本のフックが魚にがっちりと鬼掛かりし、逆に外すのが大変なくらいの状態になります。。

どんな釣り場で使う?使い方は?

鉄PANロングは、重さがそれなりにあり沈降速度が早いため水深が深いディープなエリア向きというのが前提になります。

あとは、鉄板バイブですからどちらかというとデイゲーム向きです。

例としては、深場の堤防・磯サーフなどがベターです。

その上で、ルアーサイズに違いを出したい場面・ベイトが大きい場面・飛距離を出したい場面などで活躍します。

諸説ありますし、一概には言えないですが、ルアーサイズに比例してキャッチする魚のサイズは上がる傾向にあるので、サイズアップを狙いたいときにも鉄PANロングは有効な手段だと思います。

使い方は、通常の鉄板バイブのような早巻きやリフト&フォールなどでOKです。

評判や口コミ(レビュー)など

重量があるため遠投できます。3ヶ所にフックが付いているのでブッキングミスは少ないと思います。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2818075

使用条件
・ロッドパワーはM以上
・キャスト後のフェザリング必須
・水深2m以上(3m以上有った方が良いかな・・・)

キャスト時の重さ、引き重り・リフト&フォールを考えると、M以上無いとコントロールできません。
ロングタイプの中ではかなり優秀な飛行姿勢ですが、それでもフェザリングしないと糸絡みします。
着水時のショックも抑える必要があります。

飛びますしタダ引きでも強烈にアピールしてくれます。あとフッキングしたらほぼ外れません。
鉄板バイブの3フックがここまで凶悪なのかと思いました。シーバスがエラ洗いすると地獄掛りします。

デメリットとしては地獄掛りのせいで魚へのダメージがでかいのと、根掛りするとほぼ回収不可。
横風の影響を受けやすい。長い分飛行姿勢が崩れて飛ばなくなります。

堤防・磯での使用をお勧めします。サーフでも使えなくはないですが、やはり水深がネック。
色はGRBが鉄PANです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2O5HKBYJR4ZRH/ref=cm_cr_arp_d_viewpnt?ie=UTF8&ASIN=B01I9946DU#R2O5HKBYJR4ZRH

めちゃくちゃ良いホロフラッシングです。
実績あるのでロストによる継続買い。
暗めの照明だと緑や紫にもホロが光ります。
青物、シーバス、太刀魚よく反応します。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R20IHF6N8RRA0G/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01I9946DU

値段も安く、
良い商品でした。
また、購入予定です!
トラブルも少ないです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RXYJSNZ8JAV0S/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01I9946DU

まとめ

今回は「鉄PANVibのサイズアップモデル【鉄PANロング(ジャクソン)】」を紹介させていただきました。

鉄PANロングは、鉄PANバイブ同様に、人気があり実績も非常に高いルアーですので、初めて購入する方も安心して使えると思います。

小場所や水深が浅いエリアには向きませんが、飛距離が必要な場所や深場、ベイトが大きいときには有効なルアーですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

Jackson(ジャクソン)の最新記事8件