ダートと平打ちが秀逸【冷音レイン(バレーヒル 邪道)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: http://www.ja-do.jp/product/fujisawa/rain/index.html

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用のダートと平打ちが秀逸「冷音レイン(バレーヒル 邪道)」についての記事です。

冷音レインは、邪道プロスタッフの藤澤 周郷氏がプロデュースした鉄板バイブです。

シーバス用の鉄板バイブは数多くありますが、その中でも確かな実績と人気を誇る名作鉄板バイブです。

今回はそんな冷音レインについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

引用元: http://www.ja-do.jp/product/fujisawa/rain/index.html

バレーヒル邪道とは

「バレーヒル」は、兵庫県に本社を構える【谷山商事株式会社】が手がけるルアーフィッシングブランドの一つです。

バレーヒルは、釣りのジャンルごとに更にいくつかにブランドが分かれており、その中のシーバスフィッシングにフォーカスしたブランドが「邪道」です。

他には、雷魚釣りにおすすめな「ウィップラッシュファクトリー」や、青物におすすめな「カミワザ」などのブランドがあります。

「邪道」は、2001年から販売が開始されました。

プロスタッフには、藤澤 周郷氏・村岡 昌憲氏・大野 ゆうき氏・RED 中村氏などが在籍しています。

邪道は、「ヨレヨレ」「冷音レイン」「スーサン」など数々の名作ルアーを世に出してきた、人気と実績が高いブランドです。

冷音(レイン)のラインナップ

冷音レインは、「14g」と「24g」の2種類に展開されて発売しています。

冷音(レイン) 14g

全長:62㎜
重さ:14g
価格:\1150(税抜)

冷音(レイン) 24g

全長:77㎜
重さ:24g
価格:\1150(税抜)

冷音(レイン)の特徴

アクション

冷音レインは前方と後方の2種類アイが搭載されており、付けるアイによってアクションが変わります。

前方のアイ(テクニカルホール)

まず、前方のアイに装着した場合は、振動のピッチが短いブルブルアクションをします。

ルアーの引き抵抗も少なくストレスなく引いてこれますし、早巻き時に最適です。

また、後述するダートアクションも前方のアイにて行います。

後方のアイ(イージーホール)

続いて後方のアイに装着すると、ルアーが前傾姿勢に近くなり、振動幅が広いアクションに変わります。

やや巻き抵抗が増します。

また、ショートピッチジャーク時に魅力的な平打ちアクションをします。

ダートと平打ちがキーワード

冷音レインの最大の特徴が、他の鉄板バイブではあまり再現できないダートアクションと精度の高い平打ちです。

前方のアイに装着時に、ロッドを大きく煽るとルアーが上下左右に不規則にダートアクションします。

リアクション狙いの要素をより強め魚のバイトを誘います。

また、後方のアイに装着時に、ショートピッチでジャークすると、ルアーがギラッギラッと平打ちします。

この平打ちのアピール力は他の鉄板バイブよりも優れており、魚を寄せる力は強いといえます。

飛距離も十分

冷音レインは、鉄板バイブですので、当然のごとくぶっ飛びと言える飛距離を誇ります。

同サイズの鉄板バイブと比べても劣らない飛距離ですので、普通に使う分には特に欠点はありません。

どんな釣り場で使う?使い方は?

冷音レインは鉄板バイブですので、やはりデイゲームでの使用がベターです。

使い方によってはナイトでも出番はあります

まず冷音レインは、ダートアクションができるという利点を持っています。

それに加え、通常のただ巻きや高速巻き、平打ちジャークなどの横方向の動きも定評があり、様々な場面で活用できるルアーです。

また、14gの冷音もあるため、シャロー帯でも使うことができます

河川や漁港、港湾など幅広い場所で使えます。

使い方は、ただ巻きや高速巻きを基本の軸として広く探っていきます。

その中で流れの変化がある場所や、明らかなストラクチャーや橋脚際、岸際などにそこそこ水深がある場合、ロッドを大きく煽りダートアクションを入れてあげます。

横方向の動きには反応しないけど縦の動きに反応する魚を狙っていきます。

この縦のダートアクションは、他の鉄板バイブには出せない一番の強みですので、攻め方に変化を加え釣果に差を出すことができます。

他に、ナイトゲーム時にこのダートアクションを使うのも一つの有効な手段になります。

明らかに居付いているであろうピンのポイントで、何を投げても反応しなかったのに、冷音を投入したら釣れたということもありますのでおすすめです。

冷音(レイン)の評判や口コミ(レビュー)など

河川でのシーバス用に使用してます。 巻き抵抗も丁度良く最高です。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

早巻きで3ヒット2キャッチ。使いやすいです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

河口でリフトアンドフォールでヒットしましたが流れが強くばらしてしまいました。いいルアーですよ。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

90㎝オーバーの実績有。フック、リングは強化した方が良いかも…です。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

ダートもしやすくよく釣れます。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

シーバス狙いで他の鉄板バイブに反応しなくてもレインだけは別格です。 エイに持っていかれたので再度購入しました。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

ゆっくり巻いてもしっかり泳いでいる感じがします。シーバスはこればかり使っています。 ホールを変えると姿勢も変わるのでよいです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

居場所が分かっているシーバスに対するリアクションバイト誘発に最適です。 主に流れの強いポイントで使用しています。、

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

巻き心地も軽く、カラーも豊富なので大変重宝しております。シャローを簡単に引くこともでき、水深の浅い河川や運河でも有効なルアーです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2647245

まとめ

今回は「ダートと平打ちが秀逸【冷音レイン(バレーヒル 邪道)】」を紹介させていただきました。

冷音レインは数あるシーバス用の鉄板バイブの中でもはっきりとした特性と優位性を持っており、その存在感が際立っているルアーです。

デイシーバスでは、これしか鉄板バイブは使わないという方もいたり、愛用者が多いルアーでもあります。

鉄板バイブに悩む初心者の方や、鉄板バイブの釣りを更に深めたい方にはおすすめのルアーですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

バレーヒル邪道の最新記事8件