大野ゆうき氏監修超シャロープラグ【モルモ80(アイマ)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: https://www.ima-ams.co.jp/products/molmo

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の大野ゆうき氏監修超シャロープラグ「モルモ80(アイマ)」についての記事です。

モルモ80は、アイマから発売されている表層系のフローティングミノーです。

似たレンジのルアーにはコモモⅡやごっつあんミノーなどがありますが、それらのルアーとはまた違ったアクション、コンセプトがあります。

今回はそんなモルモ80について、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

モルモ80のスペック

モルモ80

[全長]80mm
[重量]12g
[タイプ]フローティング
[レンジ]0〜20cm
[アクション]ウォブンロール
[価格]1,800円 (税抜)
[発売日]2011/3/31

モルモ80の特徴

モルモ80のコンセプト

まず最初に、モルモ80が開発されるときのコンセプトとして下記の5点がありました。

●80~90mm

●しっかりキャストできて飛ばせる

●水面直下をスローに引けること

●引き波を出すか出さないか絶妙なレンジ

●大振りではない適度なアクション

要するに、小さいサイズながら「遠くまで飛んで」「ゆっくりスローに」「水面直下を引ける」ルアーを世に生み出したかったのです。

独特なリップの形状

引用元: https://www.fimosw.com/u/seascape/izeczoe6bwekwi

モルモ80の特徴として、独特なリップの形状が採用されている点が挙げられます。

リップを極端に薄く、幅広くしたことにより、「着水後の立ち上がりの早さ」「飛距離の安定」「水面直下のレンジを安定してキープ」することを可能にしました。

アクションとレンジ

モルモ80のアクションは、ウォブンロールアクションです。

レンジは0~20㎝程度で、巻きスピードやロッドティップの位置により、引き波を立たせるアクションや、ぎりぎり引き波が立たないようなアクションを使い分けることができます。

同じようなアクションとレンジのルアーに、ごっつあんミノーやコモモⅡがあります。

アクションの振り幅は、ごっつあんミノーとコモモⅡの中間くらいです。

ごっつあんミノーよりも振り幅が大きく強めのアクションで、コモモⅡよりは振り幅が小さい抑え目なアクションです。

アクションの強弱でこれらのルアーを使い分けることで効率良くシーバスを探すことができます。

水面直下をスローに引ける

モルモ80は、水面直下をスローに引けるという特徴を持っています。

シンキングの水面直下のルアーであれば、シンキングなので重さがある分飛距離も出せますが、スローに引けるかというとそうではありません。

大体のルアーが早めに巻かないとルアーが浮き上がってこずスローに水面直下を引くことができません。

モルモ80は、飛距離も出したいし、水面直下をスローに引きたいというコンセプトがありますので安易にシンキングの飛距離重視という仕様にするわけにはいきません

また、飛距離が出る移動重心も、立ち上がりの悪さという欠点があるため避けたいところでした。

そこで、改良に改良を重ね、前述の薄く幅広いリップを採用しました。

これにより、フローティング仕様で飛距離が出る、かつ立ち上がりの早いルアーになりました。

フローティング仕様なので、どんなにゆっくり巻いても水面直下を安定して泳いでくれるルアーが完成しました。

飛距離

80㎜というサイズながら12gの重量があり、かなり飛距離がでます

リップの形状により、空気抵抗を最大限抑えているため、空中での飛行姿勢も安定して飛距離の向上につながっています。

どんな釣り場で使う?使い方は?

モルモは、ナイトゲームでの使用をおすすめします。

河川から漁港、港湾部など幅広く使うことができるルアーで、特にシャロー域や、水深が深くても魚が表層を意識しているときであれば十分にチャンスがあります。

モルモ80は、抑え目なアクションのため、河川の流れが強いポイントでもアクションが破綻せずに誘うことができるため、急流なポイントもおすすめです。

また、風表などの波が立っているときも以外と強かったりしますので、水面の状況を観察しながら釣りをすることがポイントになってきます。

逆にべた凪でハマるときもあります。)

使い方は、ひたすらスローなただ巻きでOKです。

ロッドティップの位置の操作で、引き波を立たせるアクションと引き波を立たせないアクションを使い分けましょう。

評判や口コミ(レビュー)など

主に涸沼でのカビボラパターンで使用しています。 引き波立ててのリトリーブで水面がさく裂するのが楽しいですね♪ 早めのリトリーブでジャークした時のヒラ打ちもお気に入りです。

引用元: https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=2868169

どこへあるのか探していたらここにあったのでつい購入してしまいました。 わらわら小魚がしている付近の表層狙いのルアーです。 ただ巻きで十分使えますがなにもしなくても浮かべておけばくることもあります。

引用元: https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=2868169

モルモは、開発段階からのVTRがYOU TUBEにあがっておりましたが、実際に泳がせてみたら本当にきっちりと泳ぐのには少し感動しました。結構、いい加減なルアーが多いものですから!メインは河で使う予定です。早く水温上がらないかな!

引用元: https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=2868169

まとめ

今回は「大野ゆうき氏監修超シャロープラグ【モルモ80(アイマ)】」を紹介させていただきました。

水面直下の引き波系ルアーは数多くありますが、「小ぶりなサイズで飛距離が出て水面直下をスローに引ける」というコンセプトのルアーはあまり多くはありませんので、非常に重宝するルアーです。

また、ごっつあんミノーやコモモⅡなどのルアーとのアクションの違いも明確なので、それらとルアーローテしながら魚を探していくのも面白いと思います。

使ったことが無い方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

モルモ80購入リンク

ima (アイマ)の最新記事8件