【シーバスルアーデータ】ジョルティmini(ブルーブルー)のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビュー、使える場所など

引用元: https://www.bluebluefishing.com/item/detail/002827/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバスルアーの「ジョルティmini(ブルーブルー)」についての記事です。

前回紹介した「ジョルティ」のサイズダウンバージョンである「ジョルティmini」ですが、2019年に発売されてからSNSやネットなどでも釣果報告が続々と上がっています。

ジグヘッドとワームの一体型ルアーのような形で発売されており、今回はそんなジョルティminiのスペックについて解説していきます。

メーカー「ブルーブルー(BlueBlue)」とは

2011年に設立されたソルトルアーメーカーです。

代表はシーバス界のレジェンド村岡昌憲氏で、主にシーバス用のルアーが数多く展開されています。

ジョルティminiのラインナップ

ジョルティminiは2種類の重さに分かれて展開されています。

8グラムと14グラムです。

どちらもワーム自体は3インチのものが付いてきますので、ジグヘッドの重さの違いで2種類展開されています。

ちなみに、通常版のジョルティシリーズは全てワームが4インチですので、ジョルティminiシリーズはワームのサイズダウン化もされています。

ジョルティミニ 8g

1パック:ジグヘッド1個+ワーム4個入り
ジグヘッド重量:8g
ワームタイプ:シャッドテール
ワームの大きさ:3インチ
フック: #8×2

ジョルティミニ 14g

1パック:ジグヘッド1個+ワーム4個入り
ジグヘッド重量:14g
ワームタイプ:シャッドテール
ワームの大きさ:3インチ
フック: #8×2

ジョルティminiの特徴

サイズダウン化により食わせ能力アップ

通常のジョルティよりも軽いジグヘッド、なおかつワームのサイズが1インチ小さくなることで、より食わせの力がアップして食い渋るシーバスへアプローチすることができます。

飛距離もすごい

サイズダウン化したからといって飛距離が全然だめということもありません。

通常版と同じ形のジグヘッドとワームですから、ジョルティ特有の飛距離の安定感があります。

ジグヘッド単体でも発売されている

基本は1パックで、ジグヘッド1個+ワーム4個で売られていますが、ジグヘッド単体だけでも売られています。

根がかりしてジグヘッドを失って付属のワームだけが残るという状況も往々にしてあるでしょう。
そんな時にはジグヘッド単体で売られている下記を購入すれば問題が解決します。

ジョルティmini 8gのジグヘッド単体

ジョルティmini 14gのジグヘッド単体

アクション(動き)

通常ジョルティ同様、 シャッドテール特有のテールのピロピロという動きだけでなく、ボディ全体がブルブルと動きます。

ただ巻きでも力強いローリングアクションをします。

どんな釣り場で使う?使い方は?

ジョルティminiは8gと14gともに、小規模な河川や湾港、漁港など幅広いシーンで使えると思います。

飛距離が同クラスのジグヘッドより飛ぶといっても、限界はありますので、なるべく近距離の接近戦が強いのではないでしょうか。

漁港の船溜まりエリアや、都市河川などのプレッシャーが高い小場所などなど様々な場所で使えそうです。

評判や口コミ(レビュー)など

ジョルティミニの性能は評判の通りです。ワームセットのクロームメッキは軒並み売切れだったので予備ジグヘッドを心待ちにしていました。ショップの対応も迅速丁寧で安心です。また利用したいと思います。 

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/258598_10015815/cnng-i0to8-a1tr_3_760601957/?l2-id=review_PC_il_body_05

ジョルティミニ自体の口コミはありませんでしたが、ジョルティミニのジグヘッド単体の商品レビューがありました。

やはり、評判通りというか釣れる要素を多く持つルアーで初心者の方にも扱いやすいルアーかと思います。

まとめ

今回は「【シーバスルアーデータ】ジョルティmini(ブルーブルー)」を紹介させていただきました。

ジョルティminiは通常ジョルティのサイズダウンバージョンということで、プレッシャーの高い場所や、小場所などで無類の強さを発揮するルアーかと思います。

普段、軽いルアーや小さいルアーを使わない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

・ジョルティmini 8gであれば小規模な漁港の船溜まり、小規模な河川や湾港などがおすすめ(水深が浅いところなども〇)

・ジョルティmini 14gであれば、少し水深がある小規模な河川や漁港、湾港などがおすすめ

もちろん上記以外のマッチングでも釣果は上がると思いますが、皆さん色々な釣り場で試してみてください。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

BlueBlue(ブルーブルー)の最新記事8件