【シーバスルアーデータ】ジョルティ(ブルーブルー)のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビュー、使える場所など

引用元: https://www.bluebluefishing.com/item/detail/002226/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバスルアーの「ジョルティ(ブルーブルー)」についての記事です。

ジグヘッドとワームの一体型ルアーのような形で発売されており、ネットやSNSでの釣果もかなり見かけます。

今回はそんなジョルティのスペックについて解説していきます。

メーカー「ブルーブルー(BlueBlue)」とは

2011年に設立されたソルトルアーメーカーです。

代表はシーバス界のレジェンド村岡昌憲氏で、主にシーバス用のルアーが数多く展開されています。

ジョルティのラインナップ

ジョルティは重量ごとに3種類に分かれて展開されています。

更にジョルティミニも含めると計5種類に分かれて展開されています。(ジョルティミニは次回記事にします。)

ジョルティ15

1パック:ジグヘッド1個・ワーム4個入り
重量:15g
ワームタイプ:シャッドテール
ワームの大きさ:4インチ
フック: #5×2

ジョルティ22

1パック:ジグヘッド1個・ワーム4個入り
重量:22g
ワームタイプ:シャッドテール
ワームの大きさ:4インチ
フック: #5×2

ジョルティ30

1パック:ジグヘッド1個・ワーム4個入り
重量:30g
ワームタイプ:シャッドテール
ワームの大きさ:4インチ
フック: #5×2

ジョルティの特徴

圧倒的な飛距離

引用: https://www.bluebluefishing.com/item/detail/002226/

写真を見て分かるように、ジグヘッドの部分が特徴的な形をしています。

この特徴的なジグヘッド部分の形とワームの形状の組み合わせにより、安定した飛行姿勢を保って遠くまで飛んでいきます。

アクション(動き)

シャッドテール特有のテールのピロピロという動きだけでなく、ボディ全体がブルブルと動きます。

巻き抵抗もしっかり感じるルアーです。

ジグヘッドのアイの部分が誘導式アイになっていることで、よりアクティブにルアーが動いてくれます。

ジグヘッド単体でも発売されている

基本は1パックで、ジグヘッド1個+ワーム4個で売られていますが、ジグヘッド単体だけでも売られています。

根がかりしてジグヘッドを失って付属のワームだけが残るという状況も往々にしてあるでしょう。
そんな時にはジグヘッド単体で売られている下記を購入すれば問題が解決します。

ジョルティ15のジグヘッド単体

ジョルティ22のジグヘッド単体

ジョルティ30のジグヘッド単体

どんな釣り場で使う?使い方は?

基本的には、重い30gは飛距離が重視されるサーフでの使用が向いていると考えます。

22gはサーフや湾港、中規模程度の河川などで幅広く使えると思います。

15gは小規模な湾港や河川などそこまで飛距離がいらないエリアでの使用をおすすめします。

このジグヘッドタイプのルアーにしては、飛距離は最高クラスということで、通常のジグヘッドでは届かないエリアがポイントになってきますので、普段ワームでは狙えないポイントを狙ってみるのも良いでしょう。

また、アクションもボディ全体でアピールするタイプなので、通常のジグヘッドと使い分けて使用することができます。

評判や口コミ(レビュー)など

動きも良く買って良かったです また、リピします

引用元:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/kt-gigaweb/item/198-jolty30-jighead/?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

非常に良い取引が出来ました。デザイン、使用かん良かったです。

引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/2home-19/s-4580510961238-20191119.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

まとめ

今回は「【シーバスルアーデータ】ジョルティ(ブルーブルー)」を紹介させていただきました。

ジョルティは重量違いでいくつか展開されておりますので、自分が普段よく行く場所に合わせて選んでみてください。

・ジョルティ30であれば大規模な河川やサーフなど

・ジョルティ22であれば中規模程度のサーフや河川、湾港など

・ジョルティ15であれば小規模な河川や漁港など

もちろん上記以外のマッチングでも釣果は上がると思いますが、皆さん色々な釣り場で試してみてください。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

BlueBlue(ブルーブルー)の最新記事8件