名作鉄板バイブ【アイアンマービー(エバーグリーン)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/IronMarvie_11980702_2.html

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の名作鉄板バイブ「アイアンマービー(エバーグリーン)」についての記事です。

アイアンマービーはエバーグリーンから発売されている鉄板バイブで、発売以来その安定した使い心地と釣果から愛用者が多いルアーです。

今回はそんなアイアンマービーについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

アイアンマービーのラインナップ

アイアンマービー55

全長:55㎜
重さ:13.5g
タイプ:シンキング
価格:¥1200(税抜)

アイアンマービー

全長:75㎜
重さ:25g
タイプ:シンキング
価格:¥1300(税抜)

アイアンマービーの特徴

ボディ形状

引用元: https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/IronMarvie55_11982707_2.html

2ラインアイシステム搭載

アイアンマービーは、ラインアイが2つある「2ラインアイシステム」を搭載しています。

これは他の鉄板バイブでもほぼ採用されているシステムです。

前方のラインアイに装着すると早巻きに特化したアクションで、後方のラインアイに装着するとスローリトリーブに特化したアクションになります。

フロントフックアイが大きくバラシ軽減

アイアンマービーは、フロントフックのアイの輪っかがかなり大きく設計されています。

これによりフックの可動域が広がり、魚の口に入りやすくなると同時に掛けてからのバラシ軽減につながっています。

スリムなテール形状による絡み系トラブルの軽減

アイアンマービーのテール側は、かなり細くスリムな形状をしています。

この形状が、アイアンマービーの特徴の一つであるライン絡みが極端に少ない点に貢献しています。

強波動アクションと強い引き抵抗感

アイアンマービーのアクションは、かなり強い波動でブリブリと動きます

スローリトリーブからしっかりと強波動アクションをします。

引き抵抗もかなり強い部類ですので、ルアーのアクションを手元でしっかりと感じながら巻くことができます。

ライン絡みが少なくストレスフリーな使用感

アイアンマービーはキャスト時のエビ絡みと着水後のテール絡み、それからリフト&フォール時のフック絡みが極端に少ないです。

他の鉄板バイブと比べても頭一つ抜けていると思います

鉄板バイブに求めるものは人それぞれ違うと思いますが、私はアクションの質とトラブルの少なさの2点に重点を置いています。

飛距離については正直どの鉄板バイブも同じくらいで、差があっても許容範囲内ですので特に困ることはないです。

しかし、トラブルの少なさ(フック絡み)はルアーによって極端に差が出やすいです。

もちろんキャストの仕方やロッドワークにより回避できるのも事実ですが、初心者から上級者まで一定のトラブルレス性能を発揮できることがこのアイアンマービーの人気の理由の一つにあると思います。

飛距離

飛距離については、他の鉄板バイブと同等の飛距離です。

極端に飛距離がないということもありませんので安心して使うことができます。

どんな釣り場で使う?使い方は?

アイアンマービーは、鉄板バイブですのでデイゲームがメインになりますがナイトでも使用できます。

河川から河口、干潟、漁港、港湾部、サーフ、防波堤と様々なシチュエーションで結果を出してくれます。

アイアンマービーは強波動でアピールが強いため、特に梅雨~夏頃の雨後濁ったタイミングで使用すると良い結果をもたらしてくれることが多いです。

また、ゴリゴリと早巻きでひたすら巻いていく線の釣りよりも、ストラクチャー際などの点の釣りで魚を出すほうが個人的には好きです。

巻き抵抗が強く、ひたすらゴリゴリ早巻きし続けるのはきついので。。

点の釣りは具体的には、ストラクチャー際などをリフト&フォールで縦に誘い、横の移動距離を極限まで抑える釣り方です。

もちろんただ巻き~早巻きの横の線の釣りでも過去に何度か爆釣したことがあるので、結論としては釣れます。

その時の状況により反応に違いが出ますので、両方を試してその日のヒットパターンを探してください。

評判や口コミ(レビュー)など

タダ巻きで釣れる( ̄(エ) ̄)ノ

引用元: https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2483839

引き抵抗も程よく、飛距離もまずまずです。パイロットルアーとしての性能は十分あると思います。

引用元: https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2483839

このルアーは最初にシーバスフィッシングの雑誌に広告で載っていたので試しに買ってみたのですが、この手のルアーで今迄にシーバスをヒットさせた経験が無かったので、当初は釣果を期待していませんでした。  私がホームにしている釣り場が河口でポイントが遠く遠投をしなければ届かないところで、従来から重めのルアーを遠投していましたが、かなり大きめなバイブレーションルアーを投げていました。  このルアーは小ぶりですが、かなりの遠投が出来るうえ、水中での動きも良く手元も感じで解りました。そして数投しているうちに、いきなりのヒットで58cmのシーバスをゲットしました。その後も立て続けにシーバスをヒットさせその日は納竿しました。  それ以来このルアーを手放せなくなり、今ではホームだけではなく、南房総のヒラスズキ釣りにも使用してます。今期はこのルアーで83cmのヒラスズキをゲットしました。

引用元: https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2483839

防波堤、川崎、横浜ならピカイチのルアーです。 よく飛ぶし、巻感も軽くて風の強い日なんかは使いやすいです。 定番ですね。 特にゴールド系はマズメ、濁りで反応が良かったです。

引用元: https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2483839

適度な重量と巻き上げ抵抗がすばらしい品です。フォール姿勢も良いようで低層でのヒット率が非常に高く、おすすめできる商品です。

引用元: https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2483839

飛距離、アクション良かったです。 フックも絡まず良いと思います。

引用元: https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2483839

まとめ

今回は「名作鉄板バイブ【アイアンマービー(エバーグリーン)】」を紹介させていただきました。

アイアンマービーは、スローリトリーブからしっかりと安定して強波動のアピール力の高いアクションをする鉄板バイブです。

夏時期の濁りが強い時期には、アイアンマービーにしか反応しないという状況も経験したことがあり、その実釣能力は身をもって体験済みです。

初心者から上級者まで安定したアクションとトラブルレスを実現しているルアーですので、まだ使ったことが無い方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

アイアンマービー購入リンク

アイアンマービー55

アイアンマービー