大野ゆうき氏プロデュースのデイ・ナイト対応ミノー【Graver-Hi グラバーハイシリーズ(バレーヒル邪道)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: http://www.ja-do.jp/product/ohno/graver68s/index.html
引用元: http://www.ja-do.jp/product/ohno/graver68s/index.html

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の大野ゆうき氏プロデュースのデイ・ナイト対応ミノー「Graver-Hi グラバーハイシリーズ(バレーヒル邪道)」についての記事です。

Graver-Hi グラバーハイ は、湾奥のプリンスこと大野ゆうき氏がプロデュースしたデイゲームナイトゲーム両方で使えるシンキングミノーです。

実はただのシンキングミノーではなく、様々な使い方やアクションが隠されてるルアーですが、

今回はそんなGraver-Hi グラバーハイシリーズについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

バレーヒル邪道とは

「バレーヒル」は、兵庫県に本社を構える【谷山商事株式会社】が手がけるルアーフィッシングブランドの一つです。

バレーヒルは、釣りのジャンルごとに更にいくつかにブランドが分かれており、その中のシーバスフィッシングにフォーカスしたブランドが「邪道」です。

他には、雷魚釣りにおすすめな「ウィップラッシュファクトリー」や、青物におすすめな「カミワザ」などのブランドがあります。

「邪道」は、2001年から販売が開始されました。

プロスタッフには、藤澤 周郷氏・村岡 昌憲氏・大野 ゆうき氏・RED 中村氏などが在籍しています。

邪道は、「ヨレヨレ」「冷音レイン」「スーサン」など数々の名作ルアーを世に出してきた、人気と実績が高いブランドです。

Graver-Hiグラバーハイのラインナップ 3種類

Graver-Hiグラバーハイは、現在3種類のサイズに分かれて発売されています。

Graver-Hi68Sのスペック  →最小モデル

全長:68㎜
重さ:11g
レンジ:0~100㎝程度
価格:\1680(税抜)

Graver-Hi89Sのスペック

全長:89㎜
重さ:13.5g
レンジ:0~150㎝程度
価格:\1800(税抜)

Graver-Hi115Sのスペック   →最大モデル

全長:115㎜
重さ:23g
レンジ:0~200㎝程度
価格:\2000(税抜)

Graver-Hiの特徴

デイ・ナイト両方に対応したアクション

Graver-Hiグラバーハイシリーズは、デイ・ナイトの両方に対応したシンキングミノーです。

高速巻きではデイゲーム対応(バイブレーションのようなアクション)

早巻き・高速巻きでは、ハイピッチなローリングメインのアクションをし、キビキビフラッシングをしながら動きます。かなり早く巻いても動きが破綻せずにルアーが泳いでくれます。

ミノーというよりもバイブのような小刻みなタイトアクションのため、バイブのような使い方でデイゲームで使用することができます。

スロー・デッドスローではナイト対応(68Sは特にシンペンに近いアクション)

スロー・デッドスローでは、対照的に細かいローリングと絶妙なウォブリングでユラユラとアクションします。

中でもGraver-Hi68Sは、シリーズの中でも特に不規則なピッチでテールをフリフリしており、さながらシンペンのようなアクションをします。

リトリーブスピードや沈め方により潜行レンジが変わる

グラバーハイシリーズは、シンキングミノーですから、巻きスピードやフォールのカウントダウンで任意のレンジを通すことができます。

Graver-Hi68Sのレンジ

高速早巻きでは、0~60㎝程度のレンジです。

ロッドティップの位置や立ち位置の高さなどで、このレンジを更に細かくコントロールすることができます。
※水面直下を引きたいときは、ロッドティップを上に立て、レンジ60㎝ギリギリを引きたいときは、ロッドティップを下げる。

スロー・デッドスローで巻いてくると水面下100㎝程度のレンジを通ってきます。

もちろん着水後にカウントダウンして、細かいレンジコントロールをすることも可能です。

Graver-Hi89Sのレンジ

高速早巻きでは、0~80㎝程度が適正レンジになります。

スロー・デッドスローでは、水面下100~150㎝前後を安定して通すことができます。

Graver-Hi115Sのレンジ

高速早巻きでは、0~80㎝前後が適正レンジです。

スロー・デッドスローでは、水面下150㎝~200㎝前後を安定して通すことができます。

飛距離

グラバーハイは、各サイズごとに飛距離は違いますが、同サイズの小型バイブレーション並みに飛距離が出るルアーです。

特に68Sにおいては、そのサイズ感から驚くほどの飛距離が出ます。

どんな釣り場で使う?使い方は?

グラバーハイシリーズは、デイゲームでは早巻きメインのバイブレーションチックな使い方、ナイトゲームではシンペンに近いアクションを生かした使い方ができるため、汎用性が高いルアーです。

68S・89Sは、小規模~中規模程度の河川・港湾・漁港などが適正フィールドに上げられます。

デイゲームなら激浅シャロー~シャロー帯ナイトならシャロー帯と、浅い水深エリアで活躍します。

一方、115Sは更に飛距離が必要な河口の干潟や大規模河川が適正フィールドに上げられます。

グラバーハイシリーズ共通で、デイゲームでの早巻きは、バイブレーションに近い動きをするので、シャローでバイブレーションを通しにくい場面で投入していくと良いです。

ナイトゲームでは、ゴリゴリ巻いていくよりもスローにシンペンを意識したアクションをしてみるのが良いです。

また、デイ・ナイト共通で、流れが強い場所・激流ポイントなどでも動きが破綻しにくいため活躍します。

評判や口コミ(レビュー)など

Graver-Hi68Sの評判口コミ

このサイズでこの飛距離は抜群です。ハイシーズンに期待です!

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2745195

驚異的な飛距離で、一軍入りしてから3桁は鱸を連れて来てくれました。フックのサイズを上げるとフリーズしている時間が長くなるようで、ただ巻きで使用しています。セイゴからランカーまで本当に良く釣れます。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2745195

68はよく飛びよく釣れるって好評ですので購入しました。早速使ってみます。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2745195

ドリフトでも、早巻でも、良く釣れます! ガルバ、マリブと合わせて使えば、表層から中層(~1.5m)までを、 ベイトの浮き沈みに合わせて探れます。 89Sよりこちらの方がに良く飛び、飛距離もなかなかです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2745195

Graver-Hi89Sの評判口コミ

バイブが引けないシャローで使えるルアーです。 飛距離はバイブより断然落ちますが、手返しがいいのでテンポ良く探れます。 自分はミノーからバイブへのローテーションの繋ぎに使ってます。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2443515

デイシ-バスにはもってこいだと思います。特に高速引きには最適です。低速で引いてきても、問題無く使用できます。おすすめです!

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2443515

ほとんど水面直下を高速で引くことができ、ナチュラルで入る イレギュラースライドは、後ろについたシーバスが思わず口を 使ってきます。 飛距離もでるので、重宝しています。 見た目はカッコ悪いのに、邪道のルアーは良く釣れるんですよね。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2443515

これは、中々いいですよ。巻いても浮き上がらないので足元まで可能性ありです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2443515

デイゲームで濁りが強く魚もスレた感じの日に初めて投入しました。 かなり早い段階でバイトしファイトしましたが、技量不足?のためか、 バラシてしまいました・・・・ 負けずにガンガン使って釣果をあげたいと思います。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2443515

Graver-Hi115Sの評判口コミ

このルアーにどれだけ助けられたか‼︎連れない時でも魚を運んで来てくれる鉄板ルアーになっています‼︎さらに距離を稼げるので広いフィールドを探るのにちょうど良いですね!残念な点は115のサイズは生産数が少なくAmazonさんで探しても在庫切れとなることが多いことかな。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1Q3WEJFVQP7F5/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00QMNHLGU

湾奥一級河川の河口をホームにしているが、ナイトゲームはこれ1本で充分と言えるほど信頼しているルアー。
圧倒的な飛距離、トップ以外のレンジを攻めることができる汎用性。まさに傑作。
ちなみに89Sはオススメしない。

引用元:引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1Q3WEJFVQP7F5/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00QMNHLGU

まとめ

今回は「大野ゆうき氏プロデュースのデイ・ナイト対応ミノー【Graver-Hi グラバーハイシリーズ(バレーヒル邪道)】」を紹介させていただきました。

グラバーハイシリーズは、大野ゆうき氏がプロデュースしたということで、人気もあり、アングラーからすると安心感のあるルアーですね。

デイゲームとナイトゲームの両方やっている方にとっては、特にオールマイティに使えるので、持っていて損はないルアーです。もちろん釣果実績も高いルアーですので。

特に小場所で釣りする方にとっては、68S・89Sあたりが非常に釣り場にマッチしやすいと思いますので、使ったことがない方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

バレーヒル邪道の最新記事8件