大野ゆうき氏プロデュース名作ミノー【ごっつあんミノーシリーズ(バレーヒル 邪道)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: http://www.ja-do.jp/product/ohno/gottsuan/index.html
引用元: http://www.ja-do.jp/product/ohno/gottsuan/index.html

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の「ごっつあんミノーシリーズ(バレーヒル 邪道)」についての記事です。

ごっつあんミノーは邪道から出ているフローティングミノーで、湾奥のプリンスこと大野ゆうき氏プロデュースした名作ルアーです。

今回はそんなごっつあんミノーシリーズ(バレーヒル 邪道)について、ラインナップからスペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

バレーヒル邪道とは

バレーヒル」は、兵庫県に本社を構える【谷山商事株式会社】が手がけるルアーフィッシングブランドの一つです。

バレーヒルは、釣りのジャンルごとに更にいくつかにブランドが分かれており、その中のシーバスフィッシングにフォーカスしたブランドが「邪道」です。

他には、雷魚釣りにおすすめな「ウィップラッシュファクトリー」や、青物におすすめな「カミワザ」などのブランドがあります。

「邪道」は、2001年から販売が開始されました。

プロスタッフには、藤澤 周郷氏・村岡 昌憲氏・大野 ゆうき氏・RED 中村氏などが在籍しています。

邪道は、「ヨレヨレ」「冷音レイン」「スーサン」など数々の名作ルアーを世に出してきた、人気と実績が高いブランドです。

ごっつあんミノーのラインナップ 2種類

ごっつあんミノー89F

全長:89㎜
重さ:8g
タイプ:フローティング
レンジ:0~40㎝
価格:¥1680(税抜)

ごっつあんミノー125F

全長:125㎜
重さ:15g
タイプ:フローティング
レンジ:80~100㎝
価格:¥1890(税抜)

ごっつあんミノーの特徴

アクション

ごっつあんミノーは、ただ巻きでは強めのローリングを主体としたウォブリングアクションです。

明るいところで見ると分かりやすいですが、ローリングが強いのでフラッシング効果も高いです。

早巻きでも動きが破綻することなくアクションするので、デイゲームでも使用可能です。

巻き抵抗はやや弱めくらいです。

スロー・デッドスローでは、打って変わってユラユラ・フワフワ系流れの変化がある場所に長けたアクションをします。

ちなみにデッドスローでは、完全に潜らずに水面を引き波を立てながら泳いできます。

ロッドアクションをすると、いわゆる「うっちゃりダート」と呼ばれる抜ける横っ飛びダートアクションをします。反応がよく操作しやすいルアーです。

固定後方重心タイプ

ごっつあんミノーは固定後方重心のため、キャスト時の飛行姿勢がかなり安定しており、強風などに左右されにくいルアーです。

元々、ぶっ飛びタイプのルアーではないので飛距離がかなり出るというわけではありませんが、狙ったところにキャストしやすいルアーと言えます。

また、固定後方重心の恩恵は、泳ぎ出しのレスポンスにも影響を与えます。

重心移動タイプだと一般的に巻き始め・泳ぎ出しのアクションレスポンスはあまりよくないのですが、固定重心ですと着水後の巻き始めの泳ぎ出しから機敏にアクションを開始してくれるので、ピンスポット際にキャストしたときでも、巻き始めのタイミングから魚を誘いより長い距離をアピールすることが可能になります。

ごっつあんミノー89Fと125F の違い

ごっつあんミノー89Fと125Fの違いは、サイズ・重量の違いはもちろんですが、一番の違いは、レンジです。

ごっつあんミノー89Fは水面下0㎝~40㎝の表層を泳ぎ、ごっつあんミノー125Fは水面下80㎝~100㎝を泳ぎます。

また、ごっつあんミノー125Fのほうが、どちらかというとリップレスミノーに近い動きをします。

リップ付きのキビキビしたアクションというよりも、リップレスミノーによく見られるキビキビの中に滑らかな揺らぎを伴うアクションが125Fのほうがより強く感じます

どんな釣り場で使う?使い方は?

ごっつあんミノー89Fと125Fで使うシチュエーションはかなり変わってきます。

まずはごっつあんミノー89Fから説明します。

89Fは、基本的には、表層でのゲーム展開を主体にしているので、水深が浅い小規模河川や河口域などで活躍します。

もちろん水深がある程度深くても魚のレンジが上であれば、89Fは使えます

125Fは、潜行レンジが80~100㎝程度なので、少しレンジが入ります。

表層のレンジでは食わない、シンキングミノーやシンペンだと沈めすぎているときに間の選択肢として125Fを選択します。

また、1m程度のシャロー域などで、ボトムをフローティングミノーで攻めたいときにも良いです。

シンキングミノーよりも障害物を回避する能力は上ですので、ゴロタやテトラ地帯などで根掛かりを回避しながら使っていくことができます。

ごっつあんミノーの使い方は、デイゲームだと強めのローリングを生かした早巻きと、トゥイッチなどでダートさせるのが基本になります。

ナイトゲームでは、流れに乗せるドリフトや、ピン撃ち、バチ抜け時のデッドスローでのトップ的な使い方も効きます。

評判や口コミ(レビュー)など

一年を通して使用してます。常にタックルケースに入れている一軍ルアーですね。もう少し塗装がしっかりしていたら最高点なんですが…

引用元:https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=838075

水面直下を引けるミノーです。自分のフィールドはシャローのポイントが多いので水面直下を引けるのはありがたい。ウォブリングも強すぎないのでスローに巻いてくるとスレた魚にも効果があると思います。いろんなカラーを揃えたいと思います。

引用元:https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=838075

港湾部では間違えなくコレ

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2439437

キビキビとしたアクションです 固定ウエイトですが 風の影響が少なければ思った以上に飛びます 

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2439437

ロストによる購入。 ホームポイントが1m未満の水深でのため、少し 少し潜らせたい時にちょうど良い。 ただ巻きでも十分釣れる1軍ルアーです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2439437

自分の感覚としてミノーとして使っていても全然釣れなかった のですがシンペン的に使うようになってから(例えばロングキャストして 橋まわりの明暗や橋脚をじっくり流してくるとか)では釣果が出てきました イメージとしては浅いレンジを探るマリブ近いですが ミノーとシンペンの中間ぐらいの存在でややミノーよりですかね ただ、ダートは入れ易いのでデイゲームとかではミノーライクに使えます また、ロッドをやや立てて使用すると所謂引き波系のルアーとしても使える ので慣れてくると汎用性があるルアーです いずれにせよ他メーカーが作っていないようなルアーなので使い方が わかればその範囲に関しては他のルアーでは対応できないポテンシャル を発揮するのですが慣れるまでは時間がかるとおもいます ちなみにフローティングですから「ボフッ」と水柱が立つようにシーバスが バイトしてくるのでそこは面白いです

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2439437

まとめ

今回は「大野ゆうき氏プロデュース名作ミノー【ごっつあんミノーシリーズ(バレーヒル 邪道)】」を紹介させていただきました。

ごっつあんミノーは、発売してから現在まで、その実釣能力の高さからシーバスアングラーから愛される名作ルアーです。

購入した方たちの評判もかなり良く、私自身もたくさんシーバスを釣らせてもらった優秀なミノーです。

バチ抜け・ハイシーズン時・デイゲーム・ナイトゲームとオールマイティに使えるルアーですので是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

バレーヒル邪道の最新記事8件