引き波系スリムシンペン【Envyエンヴィ(バレーヒル 邪道)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: http://www.ja-do.jp/product/fujisawa/envy/index.html

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の引き波系スリムシンペン「Envyエンヴィ(バレーヒル 邪道)」についての記事です。

Envyエンヴィは、邪道プロスタッフの藤澤 周郷氏がプロデュースしたスリムシンペンです。

様々な状況下でオールマイティに使用できる水面~サブサーフェイスをターゲットにしたルアーですが、

今回はそんなEnvyエンヴィについて、ラインナップやスペック、特徴、適した場所などを紹介致します。

引用元: http://www.ja-do.jp/product/fujisawa/envy/index.html

バレーヒル邪道とは

「バレーヒル」は、兵庫県に本社を構える【谷山商事株式会社】が手がけるルアーフィッシングブランドの一つです。

バレーヒルは、釣りのジャンルごとに更にいくつかにブランドが分かれており、その中のシーバスフィッシングにフォーカスしたブランドが「邪道」です。

他には、雷魚釣りにおすすめな「ウィップラッシュファクトリー」や、青物におすすめな「カミワザ」などのブランドがあります。

「邪道」は、2001年から販売が開始されました。

プロスタッフには、藤澤 周郷氏・村岡 昌憲氏・大野 ゆうき氏・RED 中村氏などが在籍しています。

邪道は、「ヨレヨレ」「冷音レイン」「スーサン」など数々の名作ルアーを世に出してきた、人気と実績が高いブランドです。

エンヴィのラインナップ

Envyエンヴィ95

全長:95㎜
重さ:9g
タイプ:スリムシンキングペンシル
レンジ:水面~20㎝程度
価格:\1410(税抜)

Envyエンヴィ105

全長:105㎜
重さ:11.1g
タイプ:スリムシンキングペンシル
レンジ:水面~30㎝程度
価格:\1510(税抜)

Envyエンヴィ125

全長:125㎜
重さ:15.7g
タイプ:スリムシンキングペンシル
レンジ:水面~20㎝程度
価格:\1650(税抜)

Envyエンヴィの特徴

細身シルエットの水面~サブサーフェイス向けルアー

Envyエンヴィの特徴として、まずそのシルエットの細さが挙げられます。

そのシルエットの細さに加え、水面~30㎝くらいまでを攻略できるシンキングペンシルです。

バチやサヨリを意識した仕様になっています。

他社で言うとマニックやカッターのような立ち位置のルアーになります。

多彩なアクション設定

Envyエンヴィは、巻きスピードによりアクションが変わります。

スロー・デッドスローでは、ほぼローリングのみのアクションです。

ハイピッチで細かいローリングをしますが、見た目の存在感を抑えた控えめなアクションが特徴的です。

ミディアム~ファストくらいの巻き速度では、ローリングにピッチの遅いウォブリングが混じり、より派手目なアクションをします。

また、巻きが早くなるにつれて、スラローム(S字)アクションの要素が強くなり、S字を描きつつボディはローリングアクションをします。

巻き速度が早くなると、ルアーは浮いてきて水面引き波系のアクションになるのですが、このS字とボディのローリングにより、他のルアーとは違う引き波を出すのもこのルアーの魅力の一つです。

フォールアクションをしっかりとしており、ローリングが細かく入りながらフルフルと落ちていきます。

食わせの間に意図的にフォールを入れたりすることが容易です。

キャストフィールが良く飛距離が出る

細身のシルエットのルアーということで、空気抵抗を受けにくい形状ですので、キャストフィールは良いです。

また、飛距離についても、意外と出るので使う上での不便さは感じません。

Envyエンヴィはどんな釣り場で使う?使い方は?

Envyエンヴィは、河川や河口などの流れがあるエリアから止水域や湾奥エリアなど幅広く使うことができます。

肝となるベイトは、バチやサヨリなどの細長系や、カタクチイワシもこなせます。

これらのベイトがいるポイントであればどこでもOKです。

初心者の方は、まずはバチ抜けパターンで試すのがベターかと思います。

基本的な使い方はスローなただ巻きです。

特にバチ抜けのときは、スロー~デッドスローがマストの巻き速度になります。

Envyエンヴィの評判や口コミ(レビュー)など

私のよく行く河口エリア、エンヴィーの特にこのブラックは反応が良い。マ○ックより、これが釣れる。恐らく抜けるバチがヤマトゴカイでいわゆる「流れバチ」ってヤツだからか? ライトタックルでもう少し飛ばしやすいなら、星5つ。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2799814

よく飛ぶし、よく釣れる。ただチーバスやウグイの餌食にもなりやすいのが玉にキズ。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2799814

見た目や重さからは想像もつかない飛距離が出ますすすPE1.0号であれば60mは飛びます!使い方は、ちょっとアップ気味にキャストしてゆっくりヨタヨタ巻くとしっかりと水を噛んで泳いできます。河川のシャローには必需品です

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2799814

距離も良く、ベイトがサヨリの時は鉄板だと思います。89㎝をキャッチさせてくれたので一軍ボックス入り決定です。ルアーローテして一投目で…という事が良くあるので多分そうゆうルアーなんだと思います。フックは強化必須です。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2799814

都市港湾部や、やや流れが緩い河川に向いています。バチ抜け、チアユパターンで95と105でそれぞれヒットしました。同時ににょろにょろも投げてみましたが、にょろにょろにはバイトはなかったです。表層にはエンヴィーの方が優れているかもしれません。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2799814

まとめ

今回は「引き波系スリムシンペン【Envyエンヴィ(バレーヒル 邪道)】」を紹介させていただきました。

Envyエンヴィは、その細身のシルエットからバチ抜けやサヨリパターンが得意なことはもちろんのこと、カタクチイワシなどの他のベイトにも対応できるオールマイティな力をもっています。

発売以来、人気もかなりあり実績もあることから、同系統の他社名作ルアー「マニック」よりも Envyエンヴィ を愛用している方も結構多いです。

初心者の方はバチ抜け時の使用が一番使いやすいかと思いますので、バチ抜けルアーとして是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

バレーヒル邪道の最新記事8件