濱本国彦氏監修【Empathyエンパシー90(アイマ)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: https://www.ima-ams.co.jp/products/empathy

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の濱本国彦氏監修リップレスミノー「Empathyエンパシー90(アイマ)」についての記事です。

エンパシー90の見た目はごく普通のリップレスミノーのようですが、その動きは少し特殊で様々なアクションを備えています。

今回はそんな Empathyエンパシー90 について、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

Empathyエンパシー90のスペック

Empathyエンパシー90

[全長]90mm
[重量]17g
[タイプ]シンキング
[レンジ]20〜60cm
[アクション]可変アクション
[価格]1,750円 (税抜)
[発売日]2018/9

Empathyエンパシー90の特徴

見た目はごく普通のリップレスミノー

エンパシーの見た目はごく普通のリップレスミノーのようで、ボディはややファットで太めの形をしています。

引用元: https://www.ima-ams.co.jp/imag/information/newitem/empathy_story

上の写真でいう〇で囲っている部分が「キール」と呼ばれる部分になるのですが、ここの細かい設計により後述するS字アクションやダートアクションを可能にしています。

不規則な可変アクション

エンパシーは、巻き速度や水流の変化により様々なアクションをします

スロー~ミディアムスローリトリーブ時は、シンペンの動きのようなスラロームアクションやローリングアクションが多いです。

ディアム~ファストリトリーブ時には、ウォブンロールアクションや規則的なS字アクション、不規則なS字アクションが多いです。

あくまでも「多い」と表現したのは、必ずしも「この巻きスピードのときはこのアクション」というのが断言できないくらい不規則なアクションだからです。

微量な水流の変化やリトリーブスピードにより、不規則なS字が急に入ったり、一瞬抜けが発生して千鳥アクションを起こしたりと、1回のリトリーブで多数のアクションをします。

このように、アクションが常に変化していくのでもう一回同じアクションを再現しようとしてもできないのがこのルアーの特徴です。

意図しない動きを意図して作った」のがエンパシーです。

シャローレンジがターゲット

エンパシーのレンジは、大体20~60㎝です。

ロッドティップの位置による操作で若干のレンジの調整ができますが、基本はシャローのレンジで魚を獲っていくルアーです。

どんな釣り場で使う?使い方は?

エンパシー90は、デイ・ナイト両方で使えるルアーです。

釣り場としては、河川や河口、干潟、港湾部などで、特にシャローが絡んでいるところが鉄板ポイントです。

デイゲームの場合は、ファストリトリーブメインのただ巻きです。

ナイトゲームの場合は、スローリトリーブメインのただ巻きで。

濱本国彦氏もトゥイッチなど入れずにただ巻きを推奨していますので、まずはただ巻きで動きを見てみるとよいです。

評判や口コミ(レビュー)など

この投稿をInstagramで見る

追波川へ2回ほど短時間単騎修行へ。 1回目。小潮。17:30~21:30の4時間。満潮からの下げで入水もハッキリと流れは感じられない状況の場所で右に投げたら右から帰ってくる、左に投げたら左から帰ってくるという感じ。 それでも4ヒットありましたが、2キャッチ止まり。 2回目。長潮。23:30~2:30の3時間。満潮から干潮の中頃からの入水。今回も流れは強くなく、2ヒット1キャッチとなりました! 気温はいよいよ10℃を下回ってガッツリ防寒対策が必要でした。 それしても、両日ともエンパシーが大当たりでした!魚を追っているシーバスには効果的な感じ。 しかし、まだまだ実力不足。精進せねば! 今度は潮回りのよい日に来られたらよいな~。 #シーバス#ウェーディング#ルアー#釣り#鱸#河川#追波川#宮城#夜釣り#秋#エンパシー90#Empathy90#ima#フィッシング#

shun watanabe(@shun._.watanabe)がシェアした投稿 –

まとめ

今回は「濱本国彦氏監修【Empathyエンパシー90(アイマ)】」を紹介させていただきました。

エンパシーは僅かな水流の変化や巻き速度で様々なアクションをする芸達者なルアーです。

一定の決まった動きをしないのはルアーとしてどうなの?と思われる方もいるかもしれませんが、シーバスが口を使うときは不規則なアクションが一瞬入ったりしたときがほとんどです。

この不規則なアクションを意図的に出しているのがエンパシーであり、新たなコンセプトのルアーでもあります。

2018年に発売された新しめのルアーではありますが、デイ・ナイトともに釣果実績は十分ですので、まだ使ったことが無い方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

Empathyエンパシー90購入リンク

ima (アイマ)の最新記事8件