大野ゆうき氏監修バチ抜けシンペン【キャロット72S(ダイワモアザン)】のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビューなど『シーバスルアーデータ』

引用元: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/carrot_72s/index.html

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の大野ゆうき氏監修バチ抜けシンペン「キャロット72S(ダイワモアザン)」についての記事です。

キャロットは、ダイワから発売されているバチ抜けに特化したシンペンです。

湾奥のプリンスこと大野ゆうき氏がアイマのアルデンテと並行して開発してきたルアーでもあります。

今回はそんなキャロット72Sについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

キャロット72Sのスペック

キャロット72S

全長:72㎜
重さ:4.4g
タイプ:シンキング
レンジ:水面下10㎝以内
価格:¥1400(メーカー希望本体価格)

キャロット72Sの特徴

ボディの特徴

引用元: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/carrot_72s/index.html

キャロットのボディの特徴として、ヘッド部分がメタルプレートで作られていることが挙げられます。

このメタルヘッドは、適度に流れを掴みつつ過度なアクションを抑え込む役割を持っています。

また、メタルヘッドの上部にはツノのようなピンと出っ張った部分があります。

このツノにより、水面にV字の引き波を発生させてバチさながらのアクションを再現しています。

アクションとレンジ

キャロットのアクションは、ゆったりとしたスイングアクションをします。

それに加え、ツノによる引き波アクションも発生します。

レンジは水面下10センチ程度で、ボディは水面下10㎝以内を潜っていますが、飛び出たツノが水面を微かに切り裂くイメージで引き波が出ます。

巻きスピードが早くなるほどスイングアクションが小さくなる傾向にあります。

飛距離

飛距離については、他のレビューを見ても大体同じ評価ではありますが、そこまで飛びません。

大体25m~30m程度の飛距離と思って下さい。(25~30m程度飛距離が出れば私が通うエリアでは十分すぎる飛距離なのですが。)

なので、飛距離が必要な釣りや大規模エリアには向かないルアーです。

しかし、飛距離を捨ててでも魚を引き出す力は強烈なため、小規模エリアや中規模エリアで釣りをするアングラーからは絶大な支持を得ているのも事実です。

どんな釣り場で使う?使い方は?

キャロットは、ナイトゲームのバチ抜けでの使用が鉄板パターンになります。

前述の通り、飛距離は出ないため小規模エリアでのバチ抜け使用が主になります。

小規模な河川や漁港、港湾部などバチが抜けていればどこでもチャンスがあります。

以前紹介したアルデンテなんかは、どちらかというとボディのスイングアクションはほぼ無く引き波でシーバスを引きつけて釣るタイプのルアーですが、

キャロットは素早く動き回るバチを追い回すタイプのシーバスがターゲットになります。

関連記事

引用元: https://www.ima-ams.co.jp/products/aldente どうもこんにちは!博多ぽんたろうのシーバスブログです。今回はシーバス用のバチ抜けマストアイテム「アルデンテ(アイマ)」[…]

この追いかけて捕食するタイプのシーバスは、ある程度ルアー自体がアクションしてくれるタイプを好む傾向にありますので、キャロットのスイングアクション+引き波が効果的です。

また、バチ抜けだけでなく冬~春にかけてのマイクロベイトに偏食しているシーバスにも効きます

低水温期の浮いたシーバスに、水面直下をスローに動くキャロットがハマるのです。

使い方は、スローなただ巻きと少し早めの巻きの両方を試してみるとよいです。

その日のコンディションにより傾向が分かれてきますので。

釣果実績や評判や口コミ(レビュー)など

まとめ

今回は「大野ゆうき氏監修バチ抜けシンペン【キャロット72S(ダイワモアザン)】」を紹介させていただきました。

キャロットは、飛距離がそこまで出ないため万人受けするルアーではありませんが、小場所や小規模エリアでは、無類の強さを持っているルアーです。

バチ抜けと言ってもパターンは様々で、その日の状況やバチの種類などによっても合うルアー合わないルアーがあります。

そういった観点からも他のバチ抜けルアーとは違うコンセプトを持ったキャロットは、時として絶大な爆発力を生み出す可能性を持ったルアーです。

実際に小規模エリアのバチ抜けでは実績も高く愛用者も多いので、使ったことが無い方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

キャロット72S購入リンク

daiwa morethan(ダイワ モアザン)の最新記事8件