圧倒的飛距離バイブ【シーバスルアーデータ】ビットブイ(アピア)のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビュー、使える場所など

引用元: https://www.apiajapan.com/product/lure/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の圧倒的飛距離バイブ「ビットブイ(アピア)」についての記事です。

ビットブイはアピアプロスタッフである村岡昌憲氏が監修したぶっ飛びバイブレーションです。

ネットなどでの評判も良く、SNSでも実績を見かけることが多いルアーですが、

今回はそんなビットブイについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

APIA(アピア)とは

アピアは元々オフショアロッドをメインに制作している会社でした。

2002年頃に、当時からのテスターであるRED中村氏などと共に、業界初となる飛距離特化型のシーバスロッドを開発したのがシーバス業界に参入したきっかけです。

その後も現在に至るまで様々なシーバスロッドが発売され、それと同時にシーバスルアーも多数発売されています。

アピアのプロスタッフには、ブルーブルー社代表の村岡昌憲氏、ポジドライブ ガレージ代表のRED中村氏、四国を代表するプロアングラーの濱本国彦氏など、そうそうたるメンバーが所属しています。

ビットブイのラインナップ

ビットブイは現在、2種類に分かれて発売されています。

「スタンダードなビットブイ26」「軽めのビットブイ12」です。

ビットブイ12

[全長] 48mm
[重量] 12g
[タイプ] シンキング
[アクション] タイトバイブレーション
[フック] #8
[価格] ¥1,090(税別)

ビットブイ26

[全長] 55mm
[重量] 26g
[タイプ] ファストシンキング
[アクション] タイトバイブレーション
[フック] #6
[価格] ¥1,090(税別)

ビットブイの特徴

ビットブイ26

引用元: https://www.apiajapan.com/product/lure/bit-v26/

55㎜のコンパクトボディで最大100mを超える圧倒的飛距離

ビットブイ26の一番の特徴であるのが、飛距離です。

55㎜というコンパクトなボディなのに、重さはずっしりとヘビィな重さがあります。

本当に鉛(シンカー)を投げているような、全く抵抗感が無い状態で飛んでいきます。

最大100mオーバー飛ぶ圧倒的な飛距離ということで、これも決して過剰な表現ではありません。

APIAのHP上では、「超ぶっ飛びのため、対岸に人のいる所では決して投げないでください」と注意書きがあるほどです。

アクション

ビットブイ26の動きはキビキビとしたタイトロールアクションでバイブレーションらしい引き抵抗を感じます。

引き抵抗は強めの設定になっています

シンキングスピード

ビットブイ26は「ファストシンキング」モデルになるため、沈むスピードが早いです。

ビットブイ12

引用元: https://www.apiajapan.com/product/lure/bit-v12/

ビットブイ26譲りの圧倒的飛距離

ビットブイ12も、その圧倒的飛距離を持ち合わせています。

素材に亜鉛を使っていることや、ボディの形状など様々な要因がありこの飛距離を完成させています。

同じ12~15gくらいの鉄板バイブなんかと比較してみても飛距離は圧倒的にビットブイ12が勝ちます

アクション

ビットブイ26と同じくキビキビとしたタイトロールアクションです。

バイブレーションらしい引き抵抗があり、やや強めの引き抵抗の設定になっています。

シンキングスピード

ビットブイ12は、「シンキング」モデルのため、ビットブイ26よりは沈むスピードが遅めのルアーです。

どんな釣り場で使う?使い方は?

ビットブイ26

サーフや磯といった大遠投が必須なエリアでおすすめです。

また、大規模な河川や港湾などもある程度水深があれば、有効に使えます。

基本はボトムのただ巻きからで、デイゲームメインでやってみてください。

ビットブイ12

シャローエリアでの使用をおすすめします。

水深1m程度のシャロー帯でもルアーがボトムに着かずにスローにも巻いてこれます。

中規模程度くらいまでの河川や、港湾部などが良いでしょう。

シャローをスローにバイブで攻めれる、ということはナイトゲームでも出番はあります。

ナイトゲーム定番のミノーシンペンなどを投げても反応がないときに、引き出しとしてこのルアーを持っておくと、ハマるときがあります。

評判や口コミ(レビュー)など

※ビットブイ12の口コミ

激流ポイントで、遠投を利かすにはいいです。バイブレーションは強め。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2445988

このルアーは飛距離もでるし、小さいのにアピール力もあるし、ベイトが小さい時も有効だしヒラメや青物にも効きます、一軍ですね。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2445988

港湾での釣りで、流れが遠い時、最後のシメに投げるルアーです!使いやすかったので、26gも買おうと思います!

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2445988

凄く飛ぶ!着低感度もいい!!

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2445988

一言でいうならめちゃ飛びます。 細かいアクションで引き抵抗も少ないので好きです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2445988

小さくてよく飛ぶ。 とおくで小さいベイトのなぶらに便利。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2445988

まとめ

今回は「【シーバスルアーデータ】ビットブイ(アピア)」を紹介させていただきました。

ビットブイはその圧倒的な飛距離から、他の人が狙えないエリアまで狙うことができ、結果として釣る確率を最大限に上げてくれる優秀なルアーです。

ビットブイ26は少し重いなぁ、と思う方は、是非ビットブイ12から使ってみてください。

12gと軽量なバイブでありながら、その飛距離とアクションの質の良さに驚くでしょう。

是非一度ご自身の手にとって確認してみてください。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

APIA(アピア)の最新記事8件