平打ちジャークベイト【シーバスルアーデータ】バグラチオン(アピア)のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビュー、使える場所など

引用元: https://www.apiajapan.com/product/lure/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用のジャークベイト「バグラチオン(アピア)」についての記事です。

バグラチオンは、ミノーというよりもジャークに特化したジャークベイトをコンセプトに作られたルアーです。

RED中村氏が長年、構想を温めプロデュースしたルアーですが、今回はそんなバグラチオンについて、スペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

APIA(アピア)とは

アピアは元々オフショアロッドをメインに制作している会社でした。

2002年頃に、当時からのテスターであるRED中村氏などと共に業界初となる飛距離特化型のシーバスロッドを開発したのがシーバス業界に参入したきっかけです。

その後も現在に至るまで様々なシーバスロッドが発売され、それと同時にシーバスルアーも多数発売されています。

アピアのプロスタッフには、ブルーブルー社代表の村岡昌憲氏、ポジドライブ ガレージ代表のRED中村氏、四国を代表するプロアングラーの濱本国彦氏など、そうそうたるメンバーが所属しています。

バグラチオンのラインナップ・スペック

バグラチオンは現在1種類のみのサイズ展開で発売されています。

バグラチオン 80㎜

[全長] 80mm
[重量] 13g
[タイプ] シンキング
[アクション] ウォブンロール+ローリングフォール
[フック] #6
[価格] ¥1,690(税別)

バグラチオンの特徴

引用元: https://www.apiajapan.com/product/lure/bagration/

超攻撃的な平打ち系ジャークベイト

バグラチオンは、ジャークやトゥイッチに特化したルアーです。

通常ただ巻きのときには、キビキビとしたウォブンロールのアクションをし、

ジャーク時には、ダート幅が小さく設定されており、その代わりに平打ちのアクションが激しめに設定されています。

ダートの強いジャークベイトだと、スー、スーと流れるようにスライドし長くダートして魚を食わせますが、バグラチオンはほぼスライド系のダートはせず平打ちに特化しています。

平打ちをすると、ルアーがキラッキラッと光を反射して、魚のリアクションバイトを誘います。

この平打ちを最大限に生かすために、バグラチオンは丸い形ではなく、平面形状の面積がなるべく多い形に設計し、平打ちのアピールを強くしています

これにより、より遠くの魚を誘えるようにも仕上がっています。

フォールでも誘う

通常のジャークベイトルアーは、ジャークを止めた時のフォールはスーっと沈んでいくだけです。もちろん、これでも魚が食ってくることもありますが、低活性になればなるほど口を使わなくなります。

一方バグラチオンは、フォール時もユラユラとローリングアクションしながら沈んでいきます。(いわゆるシミーフォールと呼ばれるものです)

これにより、低活性な魚をフォール中に食わせる確率がグンと上がり釣果に繋がります。

どんな釣り場で使う?使い方は?

おすすめエリア

バグラチオンのコンセプト自体は、リバーゲームで使えるジャークベイトなので、一番は河川がおすすめです。

特に小~中規模の都市型河川、その中~上流域で活躍します。

他には、港湾などのマンメイドストラクチャーを攻めたりと、小技を駆使していく釣りに最適です。

ルアーが80㎜と小さいので、大規模なエリアはあまり向かないです。

昼と夜どっちが適してるのか

ジャークベイトなので、デイゲームはもちろんですが、ナイトゲームも問題なく釣れます。

むしろ、SNSやネットでの釣果を見ると、意外とナイトゲームでの実績も多いです。

基本の使い方

バグラチオンは、基本的にはジャーク&トゥイッチ→フォールの組合せで、自分からルアーを積極的に動かしていく釣りをします。

上記にある通り、フォール時もローリングしながら沈んでいくので、どのタイミングでも食わせる可能性があります。

評判や口コミ(レビュー)など

よく使っています。大阪市内河川やボートからの中近距離で使い勝手が良いですね。 カウントダウンで任意のレンジまで落として、低速~高速の、ただ巻きでも釣れるし、障害物周りでジャークからのフォールでも釣れる。重宝しています。特にマズメピンクはお気に入りで、橋脚の明暗とかで使うと反応抜群です。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2254466

ジャークするとカラーが良いのか良く釣れます!

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2254466

キレた動きに魚も狂ったようです。なかなかいい感じのルアーです。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2254466

まとめ

今回は「ジャークベイト【シーバスルアーデータ】バグラチオン(アピア)」を紹介させていただきました。

バグラチオンはジャークに特化したルアーで、サイズも80㎜と扱いやすいルアーで、

都市型河川や市街地河川のプレッシャーが高いエリアでも通用するルアーです。

まだジャークで釣ったことが無い方やジャークベイトを使ってみたい方にはおすすめのルアーです。

是非一度バグラチオンのジャークを体感してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

APIA(アピア)の最新記事8件