激スレ打破ワーム【シーバスルアーデータ】アルカリ・ミニカリシリーズ(コアマン)のスペックと特徴、評価、評判、口コミ、レビュー、使える場所など

引用元: https://www.coreman.jp/product/ca01/
引用元: https://www.coreman.jp/product/ca01/

はじめに

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうのシーバスブログです。

今回はシーバス用の激スレ打破ワーム「アルカリ・ミニカリシリーズ(コアマン)」についての記事です。

アルカリシリーズは、発売以来多くのアングラーからの支持を得ており、たくさんの釣果報告が上がっている優秀なワームです。

シーバスワームとしては絶対的な地位を築いています。

今回はそんなアルカリ・ミニカリシリーズについて、ラインナップやスペックや特徴、適した場所などを紹介致します。

COREMAN(コアマン)とは

泉 裕文氏が代表を務めるシーバス専門のルアーメーカーです。

設立から長い年月が経っているという訳ではないですが、独自の方向性のルアー展開でたくさんのファンの支持を得ているメーカーです。

「デイゲームはコアマンだ。」というキャッチフレーズの通り、デイゲームに特化したルアーが数多く発売されています。

アルカリ・ミニカリのラインナップ

アルカリシリーズは現在、「アルカリ」「アルカリジュニア」「ミニカリ」の3種類のラインナップで発売されています。

また、専用のジグヘッドとして、「パワーヘッド+G」と「アルカリダートヘッド」の2種類がコアマンから発売されています。

派生シリーズのアルカリシャッドシリーズについてはこちらにまとめていますので気になる方はご覧ください↓

関連記事

引用元: https://www.coreman.jp/product/ca02/ 引用元: https://www.coreman.jp/product/ca02/ はじめにどうもこんにちは!博多ぽんたろ[…]

アルカリ  →スタンダートサイズ

全長:83㎜(3.3インチ)
1パック:6本入り
価格:\800(税別)

アルカリジュニア →アルカリミニカリの中間サイズ

ミニカリ  →シリーズ最小サイズ

全長:60㎜(2.4インチ)
1パック:8本入り
価格:\800(税別)

専用ジグヘッド「パワーヘッド+G 」

専用ジグヘッド「アルカリダートヘッド 」

アルカリシリーズの特徴

釣れる静かなアクション(動き)

アルカリはただ巻き時に、ほぼほぼアクションをせずに泳いできます。

ワーム本来のマテリアルからくる繊細な動き、素材の魅力でシーバスにアピールします。

派手なアピール力はないのですが、ブリブリ動くルアーやワームにスレきったシーバスに対しては、非常に有効な手段になります。

専用のジグヘッド「パワーヘッド+G」を装着時には、早巻きでヘッド部分を支点にフラッタリングが発生します。

ダートにも対応

アルカリはダートにも対応しており、鋭くロッドアクションでトゥイッチ操作すると、ワームが縦横無尽にショートダートします。

更にダート要素を強めたい、ダートのみで狙うときには、専用ジグヘッド「アルカリダートヘッド」に逆付けセッティングすることで、よりダートに特化したものになります。

夜光虫対策にも良い

アルカリシリーズは、ワーム自体がほぼ動かないアクションですので、夜光虫が発生している状況下でも活躍します。

一般的に夜光虫が発生すると、動きがあるハードルアーやシャッドテールワームでは、ほぼほぼシーバスは食わなくなり、厳しい状況になりがちです。

しかし、アルカリの場合は夜光虫が発生していても関係なく普通に釣れます。

ハードルアーで釣れないときの最後の砦

ミノーやバイブレーションやシンペンなどをいくら投げても、全く魚の反応を得られない、魚の気配すら感じられない、ということは結構あるかと思います。

もちろん、そこに魚がいなかったというパターンもあるかもしれませんが、魚が居るけどハードルアーに反応しないだけというパターンも往々にしてあります。

そんなときに、このワーム素材のアルカリシリーズが最後の砦として大きく活躍します。

ワームにはハードルアーに出せない質感であったり波動であったりが確実にあり、より自然界に近いナチュラルな動きを演出できるため、何回も投げた場所のスレたシーバスですら食わせる能力を持っています。

どんな釣り場で使う?使い方は?

アルカリ・アルカリジュニア・ミニカリの使い分けは、その場所・その時期のベイトサイズに合わせて選ぶのが鉄板です。

漁港エリアや港湾や河川など幅広く使えますので、汎用性は高いワームです。

飛距離は特別出るという訳ではないので、小規模~中規模程度の河川や漁港の岸際ピン撃ちなどがおすすめです。

使い方は基本はただ巻きで大丈夫です。

ただ巻きで通して反応がなければ、トゥイッチやダートを試してみると良いです。

日によってただ巻きの反応が良い日や、ダートの反応が良い日など変わってくるので自分なりのパターンを見つける楽しさもあります。

また、アルカリ専用ジグヘッド以外では、「静ヘッド」とも相性が良く、私自身よくこの組み合わせでも釣っています。

評判や口コミ(レビュー)など

困ったらこれ使います。頼りにしてます!

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2843288

ハクを食ってるマイクロベイトパターンの時は、静ヘッドの5gをつけて利用します。 ぶっちゃけ、これで釣れなきゃ、後は餌かガルプくらいしか釣れないのでは。 もう最終手段的な位置付けでしょうか。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2843288

このアルカリシリーズは今や似た商品が多くなりましたが、 このマテリアルとサイズがやっぱり元祖だなと思います。 シャッドも同じく。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2843288

良く釣れます!ワームはアルカリ ミニカリしか使っていません。

引用元:https://www.naturum.co.jp/index.php/account/comment_list/?itemgroup=2843288

まとめ

今回は「激スレ打破ワーム【シーバスルアーデータ】アルカリ・ミニカリシリーズ(コアマン)」を紹介させていただきました。

アルカリシリーズは、シーバス用のワームとしての実績がかなり高くアングラーからの評判も高い優秀なワームです。

私自身も、何を投げても釣れないときに何度となく助けてもらっている最後の砦的なワームです。

基本はゆっくりただ巻きで初心者の方にも扱いやすいルアーですので、

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

coreman(コアマン)の最新記事8件