2019年博多湾シーバス デイゲームで活躍したルアーたちBEST3

どうもこんにちは!
博多ぽんたろうです。

本日は2019年に博多湾シーバスのデイゲームで活躍したルアーたちBEST3を紹介いたします。

私は2019年の夏前頃からデイシーバスを始めたのですが、ナイトシーバスとは全く違うルアー選定、エリアの選び方、など非常に分からないことだらけで苦労しました。

特に、「周りに釣り人がいない・釣り人がいても釣れている気配が無い」状況だと、
本当に昼間に釣れるのか、今自分が使っているルアーで大丈夫か、アクションはこれでいいのか、ポイント選びをまちがえていないか、など疑心暗鬼になりますよね。

特に初心者の方は、釣れたという成功体験が少ないので余計に負のスパイラルに陥いりがちです。

私も最初の1匹目を釣るまでは、正に上記のようなぶれぶれな精神状態で釣りをしていました。

ただ、初めての1匹目を釣り、同じルアーで2匹目3匹目と数を重ねていくと、次は別の色で、別のアクションのときの反応はどうだろう、など検証を重ねることができそれが経験に変わっていきます。

今回はそんなきっかけを作ってくれた、実績の高かった、初心者の方におすすめできるルアーを紹介します。

デイゲームで私が主に釣りをしていたのは博多湾の中でも

・川幅が40m~50m程度の【小規模都市河川】(水深50㎝~3m程度)
・漁港の【船溜まりエリア】(水深5m程度)
・川幅が100m程度の【中規模都市河川・河口域】(水深3m~6m)

上記の3つのエリアで主にデイゲームをしていました。


皆さんが普段釣りをしているエリアが上記の3エリア以外でしたら本記事のルアーセレクトとまた違ったものになってくるかと思いますのでご注意下さい。(サーフ、大規模河川、自然河川、港湾etc…など)

関連記事

どうもこんにちは!博多ぽんたろうです。本日は私が2019年に博多湾シーバスのナイトゲームでお世話になったルアーBEST3を紹介いたします。主にシーバス初心者の方にも扱いやすい、釣れやすいルアーを厳選しました。夜に私が釣りをしていたのは博多[…]

関連記事

どうもこんにちは!博多ぽんたろうです。本日は私が2019年に博多湾シーバスのバチ抜けパターンでお世話になったルアーBEST3を紹介いたします。主にシーバス初心者の方にも扱いやすい、釣れやすいルアーを厳選しました。バ[…]

第1位 IP13 アイアンプレート コアマン

全長:60㎜
重量:13g

第一位はコアマンのIP13アイアンプレートです。

デイゲームで初めてシーバスを釣らせてもらった思い出のルアーでもあります。

シーバスで鉄板バイブといえばコアマンのIPシリーズ、というくらい使っている人、ファンが多いメーカーの一つかと思います。
そもそもコアマン自体がデイゲームを主戦場としたルアーをメインで多く出しており、その完成度も高いため、私も好きなルアーメーカーの一つです。

全長60㎜ 重量は13グラムと鉄板バイブの中では小ぶりなほうですが、飛距離は60m~70mは飛んでいきます。
私が通っているフィールドは広いところでも川幅100m前後なので両岸から狙えばポイントは万遍なく全て網羅できます。

引き心地はかなり軽く、引き抵抗が少ないので長時間のリトリーブも疲れにくいです。

ルアーの動き出しのスピードについても私は結構好きです。
鉄板バイブ童貞が必ずぶつかる問題の中に、リトリーブスピードがあると思います。

「この巻きスピードでいいのかな?早すぎない?遅すぎない?基準が分からない」などなど。

このIP13はルアーの動き出しのスピードが秀逸で、それ故に初心者にも非常に扱いやすいルアーになっています。

※このあたりの初心者だからこそ扱いやすい詳しい理由については、私なりの見解を交えたインプレ記事を今後投稿予定です。


初めての鉄板バイブで何を使うか迷っている方、まだデイシーバスを釣ったことが無い方は、
まずはコアマン IPシリーズの使用をおすすめします。

第2位 シュナイダー13  ima(アイマ)

全長:55㎜
重量:13g

第2位はima(アイマ)のシュナイダー13です。
またまた鉄板バイブです。なんだかんだ釣れますので・・・

ima(アイマ)のルアーはナイトゲームで何個か使っていたので知っていました。

imaは割と高めの値段設定なのでどうせ鉄板バイブも高いんだろうなと思っていましたが、
ある日、改めて釣り具屋で値段を見てみると意外と高くなく1000円を切っていました。

そのころは既にIP13で鉄板童貞を捨てていたので、違う鉄板バイブで釣りたいという思いで試しに1個買ったと記憶しています。

シュナイダー13は引き心地が軽く、引き抵抗が弱いためIP13 と同じように巻き疲れしにくいルアーです。

実際の釣果についても、IP13と交互に使い分けたりして試していましたが、IP13と変わらないくらいの魚が釣れました。

なによりも値段が安いためコスパ重視の方には非常に助かるルアーかと思います。

塗装については、割と剥げやすいので注意が必要です。
剥げたら剥げたで油性ペンで自分の好きなカラーにできるので、それはそれで問題はないのですが。

早巻きからリフト&フォールなど様々なアクションが安定しているので是非とも初心者の方におすすめしたいルアーになります。



※詳しいルアーのインプレや実際に釣ったときのシチュエーションは今後記事を公開していきます。

第3位 ビーフリーズ78S 65S  ラッキークラフト

ビーフリーズ78S
全長:78㎜
重量:10.2g
深度:1~1.2m(公式ホームページ参照)

ビーフリーズ65S
全長:65㎜
重量:6.0g
深度:1~1.2m(公式ホームページ参照)

第3位はビーフリーズ78S 65Sです。

昨日のナイトゲームBEST3の記事でも紹介したルアーです。

正直、昨日のナイトゲームルアーで既に紹介していたので今回は入れないでおこうかなと思ったんですが、今回はあえて入れています。

昼間にこのルアーで釣ったときはほとんどのバイトの瞬間が目で見えるので非常に興奮したやりとりをすることができます。

魚がチェイスしてきている状況や、スイッチが入って食う瞬間、逆にチェイスしてきていたのに途中で追うのをやめてしまった、など様々な魚の行動を目で見て確認することができます。

その中で直接ルアーを目で見ながらトゥイッチの強弱やタイミングを変えたり、間の取り方を変えたりして魚が釣れた時は、また違った達成感と嬉しさがあります。

主に漁港や小場所のストラクチャー絡みにて、ジャーク・トゥイッチでの釣果が多かったですが、そういった場所が近くにある方は是非一度試してみてください。



ナイトゲームでも優秀なビーフリーズはデイゲームでも優秀です。

※詳しいルアーのインプレや実際に釣ったときのシチュエーションは今後記事を公開していきます。

まとめ

今回は2019年博多湾シーバス デイゲームで活躍したルアーたちBEST3を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

似たような小場所のフィールドでシーバス釣りをされる初心者の方は、是非今回紹介したルアーを使ってみてください。

鉄板バイブは基本早巻き、ビーフリーズはトゥイッチやジャークなどで是非お試しください。





今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。