2019年博多湾シーバス バチ抜けパターンで活躍したルアーたちBEST3

どうもこんにちは!

博多ぽんたろうです。

本日は私が2019年に博多湾シーバスのバチ抜けパターンでお世話になったルアーBEST3を紹介いたします。
主にシーバス初心者の方にも扱いやすい、釣れやすいルアーを厳選しました。

バチ抜け時に私が釣りをしていたのは博多湾の中でも
・川幅が40m~50m程度の【小規模都市河川】(水深約50㎝~3m程度)
・漁港の【船溜まりエリア】(水深3m~5m程度)
・小規模で【ストラクチャーが多い港湾部】(3~5m程度)

今回は上記の3エリアで特に実績と信頼が高かったルアーの紹介です。
完全に独断と偏見にまみれていますがお付き合いください。

なお、皆さんが普段釣りをしているエリアが上記の3エリア以外でしたら本記事のルアーセレクトとまた違ったものになってくるかと思いますのでご注意下さい。(サーフ、大規模河川、自然河川、大規模港湾etc…など)

第1位 エリア10  ガイア

全長:100㎜
重量:9g

第一位はガイアのエリア10です。

主に漁港でのバチ抜け時に使用していましたが、一番釣果が上がったのがこのルアーでした。



私がよく行く漁港では年間通してかなりの確率で夜光虫がいます。
もちろんバチ抜けの時期にも夜光虫が大量発生しているのです。

この夜光虫対策をしつつ、ハードルアーでバチ抜けを意識したシーバスを仕留めたい。
そこにピタッとはまったのがこのエリア10でした。

エリア10自体はシーバス界では有名なルアーですので、私も以前から所持していました。
イメージは、飛距離は全然ないけどめっちゃ釣れるで有名なルアー。
ただ、どうにも使い所が分からないというか、使っても良い結果が返ってこないことが多く、
ルアーケースの肥やしになっていました。(私の使い方が悪いだけです、すみません)

それでも、バチ抜け時期で最初の1匹が釣れてからは、コツをつかんだのかポンポンと釣れるようになりました。
バチ抜け時期以外でも少しずつ釣れています。

使えば使うだけ、釣れば釣るだけこのルアーの良さが少しずつ分かってきます。
とても奥が深いルアーです。

是非タックルボックスに1つ入れてみてはどうでしょうか。



※詳しいルアーのインプレや実際に釣ったときのシチュエーションは今後記事を公開していきます。

第2位 ごっつあんミノー89F 邪道 バレーヒル

全長:89㎜
重量:8g

第2位は邪道のごっつあんミノーです。最近までずっとごっつぁんミノーと読み間違えていました。

このルアーは元々バチ抜けではなく違う用途を想定して買っていたのですが、私の腕前では釣れず、
ふとバチ抜け時に使ってみたらちょうどその時の状況にフィットした感じです。

第1位のエリア10を使う状況はほぼ同じです。
ただ、ごっつあんミノーのほうが後方重心で飛行姿勢が安定しているので飛距離が若干伸びます。
エリア10で攻める範囲よりももう少し遠くの範囲を89㎜という小粒のルアーでネチネチ攻めれるのが利点です。

今年はバチ抜け時期だけではなく、それ以外の時期でも試して釣果を出していきたいと思っています。

※詳しいルアーのインプレや実際に釣ったときのシチュエーションは今後記事を公開していきます。

第3位  バヒッド80  バークレイ

バヒッド80で釣ったシーバス

全長:80㎜
重量:8g

第3位はバークレイのバヒッド80です。
いわゆるソフトベイトでワーム素材型のルアーです。
このルアーは釣果こそ多いわけではないですが、エリア10やごっつあんミノーで釣りきった後、そもそもエリアー10やごっつあんミノーでは反応しないときなど要所要所でバヒッド80が活躍しました。
主にストラクチャーが多い港湾部のピンスポットで活躍しました。

有名な中古釣具屋さんでこのルアーを買ったんですが、ワゴンセールの中に新品400円くらいで置かれていました。
コスパ至上主義の私はもちろん飛びついて1つ買うわけですが、後日、別の系列店舗に行ってみると、
そこにもワゴンセールの中にバヒッド80が置かれてるわけです。
そうなってくると、あれ?ちょっと待てよ、このルアー実はあんまり釣れないんじゃないか、ワーム素材特有の身切れとかがしやすいんじゃないかと猜疑心が生まれます。

しかし泳がせてみると、ワーム素材特有のナチュラルで微波動な動き、ベイトとマッチしたサイズ感で、こんなん絶対釣れるやん!とある程度確信して使うことができました。
特にブラックバス上がりな私は、ハードルアーとワームの魚の食いの違いというのは散々見てきたので、基本的な傾向としてこの手のルアーはシーバスでも間違いないだろうなと思いました。

実際に釣果も出ましたし、素材の強度もある程度強いので1回釣っただけでボディがちぎれるようなことはありませんでした。
スローなただ巻きオンリーで魚を連れてきてくれるので初心者の方におすすめしたいルアーです。


※詳しいルアーのインプレや実際に釣ったときのシチュエーションは今後記事を公開していきます。

まとめ

今回は2019年博多湾シーバス バチ抜けパターンで活躍したルアーたちBEST3を紹介させていただきました。

皆さんいかがでしたか?

似たような小場所のフィールドでシーバス釣りをされる初心者の方は、是非今回紹介したルアーを使ってみてください。

また、釣具屋さんのワゴンセールコーナーには時々良いルアーが並んでいることもありますので、
是非一度探してみてはいかかでしょうか。

今後も色々なルアーの紹介をしていきますし、詳しいルアーのインプレもしていきますので、是非『博多ぽんたろうのシーバスブログ』をよろしくお願い致します。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

関連記事

どうもこんにちは!博多ぽんたろうです。本日は私が2019年に博多湾シーバスのナイトゲームでお世話になったルアーBEST3を紹介いたします。主にシーバス初心者の方にも扱いやすい、釣れやすいルアーを厳選しました。夜に私が釣りをしていたのは博多[…]

関連記事

どうもこんにちは! 博多ぽんたろうです。 本日は2019年に博多湾シーバスのデイゲームで活躍したルアーたちBEST3を紹介いたします。私は2019年の夏前頃からデイシーバスを始めたのですが、ナイトシーバスとは全く違うルアー選定、エリアの選[…]